永代供養とは最終的に合祀をして合同墓にいれること

先祖代々の墓を守って生きていき、やがては子や孫の代に引き継いで自身もその墓に入る、それが当たり前とされたのは昔のこと、今急速に普及しているのが永代供養です。管理が難しくなった自身や子たちに変わって永代に渡って寺院や霊園に供養してもらうのです。 昔ながらのお墓が一軒屋とすれば、永代供養墓はまるでマンションやコーポのような集合住宅です。管理人がいて常にキレイにしてもらえていて、交通のアクセスがよくて通いやすいという面から見ても似たようなものです。 管理しきれずにいて草ボウボウにし、やがては管理を受け継ぐ跡継ぎが見つからないままに荒れ果てていくよりは、永代供養を考えてみてはいかがでしょう。

永代供養であっても合葬はできるのか

それなりのお金を出せば、永代供養でも家族ごとに骨を分けてもらえ、お参りするところが明確になっており昔ながらのお墓とそれほど違いはありません。しかしながら、通うことが少なくなっていく中で個別にするためのお金がもったいないというなら合同で入れてもらえる合同墓・合祀墓に変えてもらってはいかがでしょうか。 安いところだと最初から合同になっていますし、高いところでも「永代」とは言っても未来永劫ではなく、33回忌くらいを期限に合同にされるようです。それまで待っておくか早めるかの違いだけです。 ただし、一度合同埋葬された骨を個別に分けるのは不可能です。合同でお願いする前に、必ず家族や親族ときちんと話し合ってみてください。

お金を節約、合祀・合葬に移すには

合同か分かれているか、合同埋葬までどれくらいの期限が設けられているか、それはそれぞれの寺院ごとに異なります。ただし、場所代の問題があるので一般的に合祀・合葬に移すほうが安くはなります。詳しくは自分が希望する寺院に問い合わせてみてください。日々の管理は難しいけれど、お盆やお彼岸時期には毎回お参りしたいというのであれば、きちんと参るべき場所がある方が安心です。金額についてもそれぞれ異なるので調べてみましょう。 大切なのは、残された人々が納得できるかどうかです。特に年配の方の場合は永代供養というやり方に精神的な抵抗を感じる方は多いです。そういった方たちのためにも、お金はかかっても他の遺骨とは分けたほうが良い場合もあるのです。

お墓は作ってみたものの

お墓を作って管理するという方向で決めてはみたものの、急に転勤が決まって遠方に行くことになったり、足腰が衰えてしまったり、管理が難しくなることはあります。そんな時にはお墓を撤去して永代供養に移行することも可能です。 自身の代でお墓をやめようと考える方もいるでしょう。そんなときにも、先祖代々の墓すべてを撤去し、墓じまいしてしまいましょう。 ただし、墓地・埋葬等に関する法律というのがあるため遺骨を勝手に動かすことは、たとえ遺族でも出来ません。市町村役場で改葬の許可申請書をもらったり、永代供養を希望する寺院・霊園から使用許可書をもらったりと面倒なので、できれば本当に動けなくなる前にやってしまっておいたほうが無難です。

まとめ

永代供養と一口に言っても、2種類のやり方があるというわけです。最終的には皆一緒になるとはいえ、それまでの期間をどうするかよく考えてみてください。 自分達の気持ちはどうなのか・今後どれくらいのお世話ができるのか・寺院や霊園に対してどこまでのことを望むのかはそれぞれの家族ごとに異なります。そのためどれが正解とはいえません。一度他人とまとめてしまった骨は元には戻らないからこそ、先に考えておくべき課題です。亡くなる前に本人の意思をある程度聞いておくのもよいかもしれません。故人に安らかに眠ってもらうためにも、お墓をどうするか・永代供養のやり方はどうするかということで親戚同士がもめることになってはいけないのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら