無縁仏を防ぐために…永代供養という選択をする

亡くなった人間にとって一番辛いのが無縁仏になることです。自分が死んだ時も無縁仏になることほど悲しいことはありません。 今少子化、核家族の問題や高額なお墓代などの問題で無縁仏になるケースが増えています。この問題を防ぐやり方の1つが永代供養です。 現代になり昔では考えられないような新しい供養方法が色々登場していますが、無縁仏を防ぐために永代供養という選択肢を選ぶ方が急増中です。 永代供養は一般的なお墓とは異なり、お墓を継承する人間がいなくても霊園やお寺に管理をお願いすることができるのでたとえ身内が途絶えても無縁仏になることはありません。 高齢になりお墓を管理するやり方が難しい時も、掃除や供養を代行して貰えるので非常にメリットが多い供養方法です。

需要がとても高くなっている永代供養とは

永代供養とは、生前に申し込むことで墓地管理者や寺院が永代に渡り管理と供養を続けてくれる供養方法です。一般的なお墓は継承者がないと無縁仏になってしまう恐れがあるために建てることも認められません。 寺院の方でもお墓が放置して荒れてしまうと困りますし、連絡する身内がいないと勝手に手を入れるわけにもいきません。お墓をきれいに維持するためにはお金も手間もかかりますが、諸々の費用を請求することができないお墓ばかりになると寺院存続の危機に陥る可能性もあります。 特に古いお墓は墓石が崩れる可能性があるので、放置するとけが人が出る心配もあるのでメンテナンスは欠かせません。 無縁仏になるとただ切ないというだけではなく、寺院や周りの人間にも迷惑をかける可能性があります。亡くなったあともお墓のことを気にせずにいられるよう、子どもに永代供養を頼むケースも増えているそうです。子どもがいない方にも頼れる存在です。

永代供養は何年入れるのか供養の期間も気になる

永代供養を申し込める寺院が増えていますが、契約後の供養期間に関しては条件によって差があるので注意しましょう。 永代供養は主に2種類あります。供養の期間が決まっている場合と期限なく30年でも50年でも供養をお願いした寺院が継続する限り供養を続けて貰える場合があります。 もし遺骨の引き取り手がいない場合などは無期限の永代契約が向いています。契約した人間が亡くなっても、寺院が存続していれば管理と供養を代行して貰えます。ただしほとんどの無期限供養は、忌明けのあとに合祀墓に骨を移されてしまいます。合祀墓には他の個人の遺骨も混ざっているので、一旦入ると再び遺骨を取り出すことは難しくなっています。 そのため、家族や親族同士で揉めてしまい遺骨を最終的にどうするのか決まっていない場合は、有期タイプが向いています。どんなやり方で供養が行われるのか、申し込む前にしっかりチェックしましょう。

無宗教でも永代供養可能かどうか

永代供養を申し込む時に気になることの1つが宗教の問題でしょう。できれば同じやり方で供養する同じ宗派で契約するのが一番ですが、宗教や宗派を問わずに募集する寺院が増えているので無宗教でも問題ありません。 位牌はどうする、と悩む方もいらっしゃるでしょう。位牌に関しても永代供養と同じタイミングで供養を済ませ後世の負担を軽くするケースも増えています。お墓同様位牌も引き取り手がいないと処分に困るものなので、行き場を失う可能性がある位牌は永代供養のタイミングで供養をお願いするのが理想的です。位牌の永代供養の場合、何十年か管理して貰ったあとにお焚き上げされるパターンが多いようです。 位牌の問題など永代供養を行う寺院、霊園には色々なことを相談することができます。無期限契約のお墓に関しても合祀墓ではなく個人個人の墓に入るスタイルもあります。無期限、有期限いずれにしてもデザインの問題ではロッカー式が人気があります。

まとめ

遺骨やお墓の供養を寺院や霊園願いすることができる永代供養は、無縁仏になるのを防ぐためにもとても効果があるやり方です。 何年入れるのかは契約内容によって異なりますが、需要に応じて期限が有限のタイプと無期限タイプの2通りから選ぶことができます。位牌の永代供養を申し込む方も増えています。お墓も位牌も残される後世の人間にとって負担になることがあるものなので、家族でも供養の問題は早めに話し合っておくことが大切です。 無宗教でもいいのかと心配する方もいらっしゃいますが、現在は宗派を問わずに受け入れてくれるところが多いので安心して下さい。お墓のデザインを選べるところも多く、ロッカー式も人気があります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら