どちらがいい?永代供養と手元供養の違いを比較

日本では少子化問題から人口減少が止まる様子もありません。そこから見えてくるのが、お墓を誰が継いで行くのかという話しになります。いわゆる無縁墓になって、荒れ放題になるお墓も少なくありません。自分の家のお墓をどうするのか、なかなか家族で話し合っていることは少ないのではないでしょうか。現代では家族の形も変化し、それに合わせるように供養の方法も変わってきています。誰でも一度くらいは、永代供養という言葉を耳にしたことがあるはずです。ですが、手元供養はまだ余り知られていない供養方法かもしれません。今回はこの永代供養と手元供養について比較してみた上で、どっちが自分に合っているかの参考にしてください。

永代供養と手元供養を比較すると

永代供養というのはお寺や霊園が遺族に代わってお墓を掃除したり、お花やお水を供えて供養を行ってくれるシステムです。お墓を購入してもその後、それを管理することが難しい人に選択される方法です。永代供養は合祀型と個別型があり、合祀型の場合は1つの場所に血の繋がりのない他人と一緒に入れられます。一方の手元供養は自宅供養とも呼ばれます。火葬した後に文字通りこれまでと同様に自宅で、遺骨を管理・供養する方法です。遺骨の全てではなくお寺などでお墓に納める分とは別に、分骨として一部を自宅に持って帰る方法もあります。永代供養は管理を任せられる安心感があり、手元供養は家族と一緒に居られます。どっちを選ぶか決めるには、費用なども考慮してみましょう。

それぞれのメリットとデメリット

永代供養のメリットとなるのは、その費用や手間が掛からないことにあります。それに専門家の供養を受けられるという、遺族の安心感が挙げられます。費用の点ではお墓を購入するよりも安いことは間違いありません。合祀型であれば、個別型よりもさらに費用は廉価となります。ですがデメリットとなるのは、一度遺骨を納めて仕舞うと取り出すことが難しくなることでしょう。または話し合いが出来ていないときには、赤の他人と一緒に埋葬されることに抵抗のある親族間でトラブルとなることが予想されます。手元供養では家に遺骨が有ることでお墓に行く必要がなかったり、遺骨をペンダントなどに入れて身近におけることがメリットといえます。デメリットはやはり親族との考え方の違いから、問題となり得ます。

供養方式は親せきがいる場合はしっかり話し合いを

永代供養は永代といっても、永遠という意味ではありません。供養する期間は決っていて、お寺や霊園によって違いはありますが33回忌から50回忌とされています。そして、その期間が過ぎると合祀になりますので注意してください。永代供養にも納骨堂や樹木葬・散骨など種類があります。手元供養の特徴はというと、ダイヤモンドに遺骨を加工してアクセサリーなどにすることが可能となっています。家族が亡くなった寂しさを、遺骨が側にあることで紛らわせることが出来るのではないでしょうか。また手元供養にしてみたものの、やはりお墓に納めたいと希望したときは変更することもできます。このとき遺骨の身元を証明するための火葬証明による手続きが必要となります。

まとめ

人口が減少を続けている日本では、お墓をどうするかという深刻な問題が持ち上がっています。永代供養ならば後を継いでくれる家族がいなくても、子供が遠くに居て迷惑を掛けたくないという親世代の思いに叶った方法といえます。また手元供養は、お墓まで行く必要がないので体力に自信が無くなったときにも、家でお花やお供物をお供えしながら話をすることが出来る身近さがあるでしょう。ですが、どっちを選ぶかはきちんと、親族で話し合う必要があります。特に合祀型などを選んだ場合、他人と一緒に納められることに抵抗を感じることは多々あるはずです。家に遺骨を置くことも、お参りをしたいとしてもお互いの都合を合わせるのが難しいなど、独断で決めて仕舞う事はトラブルのもとです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら