永代供養の他にも手元供養という形もある!どちらがあなたには合っている?

故人の供養はお墓を用意するのが一般的ですが、現在はお墓に埋葬する以外にも、永代供養と手元供養という方法もあります。 永代供養というのは、お墓や納骨堂、供養塔に納骨を行い、管理する施設に利用料を支払うことによって永久的に供養を行うことが出来る方法です。子供のいない方や独身の方で自分が亡くなった後、お墓の管理をしてくれる者がいない場合はとても助かります。他にも子供に負担をかけたくないという理由で永代供養を選ばれる方も増えてきています。 手元供養はお骨の一部を容器やペンダントに入れて手元で供養を行う方法ですが、永代供養と合わせて行う方もいます。 どっちがよいのかそれぞれメリットとデメリット面をよく比較して選ばれるとよいでしょう。

永代供養の特徴とメリットについて

永代供養は、神社などの施設が永代に渡って遺骨やお墓などの管理を行ってくれる状態のことを言います。 永代供養のメリットは永代に渡って供養してくれることですが、この他にもお墓を新たに建てないため費用を抑えることが出来るという点があります。 また永代供養を専門に取り扱っている業者の場合、宗教や宗旨を問わないケースがほとんどですので、誰でも永代供養を利用することが出来るというメリットがあります。 寺院で永代供養をする場合は、檀家になっていないと永代供養を受けることが出来ないという場合もありますので、あらかじめよく確認をしておくとよいでしょう。 デメリットは合同墓にした場合、後から遺骨を取り出すことが出来ないので、この点もよく頭に入れておく必要があります。

手元供養特徴とメリットについて

手元供養はお墓や納骨堂に遺骨を納める方法で、遺骨を自宅に置いたり、ペンダントなどのアクセサリーとして手元に保管して供養する方法のことをいいます。 手元供養の場合、常に故人のことを身近に感じることが出来るというメリットがあります。またお墓にいちいち出かけなくて済みますので、供養も簡単に行うことが出来るというメリットがあるでしょう。体力的に遠いお墓まで移動するのが困難な方や、身近に故人をいつまでも大切な思い出として残しておきたいという方には適した方法です。 手元供養を行う場合は、遺骨のすべてを自宅で保管するのか、それともお墓や納骨堂に納骨を行い、一部を手元に置くのかを考えなければなりません。 手元供養のデメリットは供養をされる方が亡くなってしまった場合、どうするのかが問題になりますので、親族間であらかじめ今後のことを決めておく必要があるでしょう。

永代供養をするか手元供養をするかは、自分一人だけであれば自分の気持ち次第で決めることが出来ますが、遺族や親せきがいる場合は自分一人で勝手に決めてしまうと、大きなトラブルになってしまうこともありますので、しっかり話し合いで決めていかなければなりません。 遺骨の帰属に関しては法律の規定はありませんが、裁判の判例によればお葬式を行った喪主に帰属するという判例が出ています。分骨などを行い手元供養をする場合は、遺族間で十分な話し合いを行ってお互いに納得する必要があるでしょう。供養品を持つ方が亡くなった場合はさらにどうするのかも、親族にあらかじめ伝えておく必要がありますし、供養品をどう処理するのかについてもあらかじめ意思をしっかり伝えておく必要があります。

まとめ

永代供養を行うか手元供養を行うかについては、親族が誰もいない方であれば自分一人の意思決定ですみますが、親族がいる場合はあらかじめ話し合いをして決めておく必要があります。 遺骨の供養方法については、裁判の判例では喪主に遺骨が帰属するという結果が出ていますので、喪主に方法を決める権限がありますが、後でトラブルになることもありますのできちんと決めておきましょう。 永代供養はお墓や納骨堂などの施設に遺骨を納め、永久的に管理をしてもらうことができますが、手元供養の場合、自分の自宅におくか、ペンダントなどのアクセサリーにして身につけることも可能です。 どちらが自分に合っているかを考えて決められるとよいです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら