永代供養にかかる費用は?気になるお布施の相場も紹介します

遺骨を適切に管理したり供養したりすることは、家族の人数が少なくなってきた現代では非常に難しいことです。遺族・子孫がしっかりと管理・供養することができるのが一番よいわけですが、なかなかうまくできないときにまで遺族・子孫の責任で無理にやるのは好ましくありません。そこで注目されるようになってきたのが、霊園や寺院が遺族・子孫の代わりに遺骨の管理・供養を手がける永代供養という方法です。ただし、永代供養をするためにはさまざまな費用が発生し、100万円を超えることもあります。いきなり100万円を用意するのは難しいため要注意です。なんとなく便利そうだからという理由で選んでしまわず、メリット・デメリットを確認しなければなりません。

永代供養とは何だろうか

言葉としては知っていても、具体的に永代供養というのが何を指しているのかは分かりにくいものです。基本的には文字どおりに解釈することができます。永代はいつまでも、供養は弔うことなので、永代供養はいつまでも無期限に弔いをすることです。自分自身で供養を行うわけではなく、霊園や寺院が代わりに行うものなので、当然ながら無料ではありません。ただ、お墓をしっかりと作ったりするのと比べれば安く済ませることができるのが魅力です。お墓を作るための費用を抑えながら、きちんと供養はしてもらいたいという人に向いているやり方だといえます。たとえば自分の子供に多くお金を残すためなどの目的で、自分から永代供養を選択する人もいるのです。

どのくらいの費用がかかるのか

お墓を作るときと比べて安いといっても、具体的な金額が分からなければ安心して永代供養を選ぶことができません。やり方によっては100万円を超えますが、100万円以内で済むことも多いです。どのくらいの費用がかかるのか、目安・相場を知っておく必要があります。地域によって金額が違ってくることも多いため、自分が供養してもらいたい地域の相場を確認することが大切だといえます。永代供養墓への埋葬が納骨直後に行われる直接合葬式の場合、10万円から50万円になるのが一般的です。納骨堂において遺骨の骨壺での保管がある保管後合葬式の場合はやや高くなり、100万円から150万円になります。どのような形で供養をするかなど、金額が変わる要素はさまざまなので、きちんと確認しておかなければならないのです。ただしローンを組むことが可能な場合もあるので、それほど不安になることはありません。

お布施の相場はどのくらいなのか

用意しなければならないのは永代供養にかかる費用だけではありません。他に重要な意味を持つ費用として挙げられるのが、読経をあげてもらったとき、僧侶に渡すお布施です。お布施の相場についても確認しておかないと、スムーズに用意できなくなってしまいます。お布施は気持ちだと言われますが、気持ちだから金額は自由だというわけでもないのです。一般的には、1万円・3万円・5万円くらいが相場だとされていますが、どの段階で渡すかによっても金額は変わります。いつも1万円でよい、5万円なら安心だ、と単純に考える問題ではないのです。適切な金額のお布施を渡すことで、僧侶との関係も良好になり、その後の話もスムーズに進むようになります。

まとめ

永代供養はきちんとした管理・供養を行ってもらうことができる優れた方法ですが、メリット・デメリットを理解しないままでは苦労することも多いです。特に、必要になる費用の相場やお布施の相場についての確認は欠かせません。10万円程度ならすぐに用意できても、100万円を超えるような支出となると事前に準備していなければ対応できないものです。また、お布施を安く抑えようとするのはトラブルの原因になるため、1万円から5万円の範囲で適切な金額を用意しなければなりません。さまざまなことに気を配り、適切な準備をしてから永代供養を利用するようにすれば、お墓の管理などの心配をせずに済むようになってよいです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら