口コミから分かる永代供養のメリット・デメリット

永代供養は故人のお骨をお寺や霊園に預け、供養や管理をすべて任せる供養形態のことを言います。生前でも本人がお墓を依頼することができ例えばお墓を継ぐ人がいなかったり、家族と宗教や宗旨などが違うので家族と同じお墓に入れないなどの人がよく利用しています。子供に迷惑をかけたくなかったり伝統的なお墓制度に興味がなく、無縁仏にしたくないなどのいろいろな理由で永代供養を選ぶ人が多くいるようです。最近このような形態が増加していて、いろいろな霊園が増えています。高い評判や良い口コミの霊園もあり、インターネットを検索すると人気ランキングなどを確認することが可能です。メリットやデメリット・注意点などや口コミなどを調べてから自分に合った霊園を見つけると良いでしょう。

お寺でずっと供養してくれます

永代供養にはいくつかメリットがあります。例えばお墓の後継者がいない場合でも申し込みすることが可能です。お寺が責任を持ってずっと供養をしてくれるので、遺族がお参りに来なくても無縁仏になることはありません。親しい人や自分が粗末に扱われるか心配する必要はなく、定期的にお寺や霊園が供養や管理などをきちんと行ってくれるので安心です。納骨する際宗派を問わないところが多く、無宗教や在来仏教の人も気兼ねなく依頼することができるでしょう。中にはキリスト教や神道などを信仰している人も利用することができ、お寺の宗教や宗派に帰依したり檀家になることなどを条件に受け入れ可能なケースもあります。お寺や霊園に関する口コミなどを事前に確認しておくとスムーズに申し込みすることが可能です。

遺族に迷惑がかかりません

生前から自分が入るお墓を整えることができるので、契約時に支払いを済ませることができ亡くなった後遺族に迷惑をかけることはありません。生前に申し込みする場合は年会費や管理費などの支払いを求められるお寺や霊園があるので、口コミなどを見たり事前に確認してから申し込みすると良いでしょう。個人墓ではないなら基本的に墓石などの費用はかからないので、比較的リーズナブルな価格で利用することが可能です。一式料金を支払うとその後の管理やお布施などの費用を支払う必要はありません。一式料金は永代供養を申し込む場合に払う費用のことで、一般的に永代供養料や場所使用料、納骨料やお布施、入会費や刻字料などが含まれます。口コミなどを見ると大体の相場が分かるので便利です。

親族の理解を得るのは難しいことがあります

永代供養にはいくつかデメリットがあり、例えば親族の理解を得にくいケースがあります。近年話題になっている形態ですが、世間に浸透しているとはまだまだ言い難い供養方法です。先祖代々の墓を守っている人や信心深い人、檀家の人にとって宗教が不問で誰でも入ることができるお墓に対しやや否定的な考えなどを持って要る人もいるでしょう。お墓はデリケートな問題で価値観の違いなどから問題が生じることもあるので、強く押し切らずにお互いの意思や意見を尊重した上で慎重に話し合いを進めたいものです。永代供養墓に納骨すると最初から納骨後に一定期間が経つと他の遺骨たちと一緒に納骨される仕組みになっていて、合祀されてしまうと遺骨を取り出すことは基本的にできません。例えば新しく家族のお墓を建てたので移動したいと願っても、一度合祀されてしまったものは遺骨移動はできないので注意が必要です。

まとめ

永代供養のメリットとして後継者が不要だったり、宗派が問われないことがあげられます。生前に申し込みすることができ、リーズナブルな価格で利用することが可能です。反対にデメリットとしては親族の了解を得るのが難しかったり、遺骨を取り出せないなどがあげられます。永代供養のお墓には個人墓や集合墓・合祀墓などいくつか種類があり、どのような種類を選んでも一定期間が経つと最終的に合祀墓に入れられてしまうケースがあるということです。永代供養を行う場合はお寺や霊園へのアクセス方法や特徴、費用や合祀するタイミングなどを比較し、家族と相談し納得してからお墓をどうするか決めると良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら