永代供養の生前申込みのポイントは?必ず見学、契約内容を把握して手続きしましょう

近年は「終活」という言葉が広く社会に浸透し、自らが死を迎えるまでに遺族に迷惑を掛けないよう死後のことについて準備しておきたいという人が増えています。そのような人々が大きな関心を寄せていることの一つに、お墓の問題があります。これまでの日本社会では子々孫々が先祖が眠るお墓を守り続けてきましたが、少子化や核家族化が進み、また故郷を遠く離れて暮らす人の増加などから、子孫が必ずお墓を守り続けていってくれるという保証はどこにも無いと言っても過言ではありません。そこで注目を集めているのが、永代供養です。その名の通り、遺族や子孫に代わって寺院などが永代に亘って遺骨の管理や供養を担ってくれますので自らも安心なだけではなく、遺族に迷惑を掛けることもありません。

永代供養は生前予約も可能です

そこで終活の一環として、永代供養を生前予約しておきたいと考える人も増えています。そうしておけば自分が気に入った寺院や土地で眠り続けることが出来ますし、遺族にとってもお墓の管理などから解放されることになりますので、双方にとってメリットが大きいと言えます。永代供養を希望する人の増加と共に、永代供養を受け付ける寺院も増加していますが、だからと言ってどこでも良いという訳ではありません。後々後悔することが無いよう、遺族に迷惑を掛けることが無いよう、十分に下調べを行い契約することが大切です。誰でも自分の事でも死後はどうすることもできませんので、永代供養を望むのであれば生前から出来るだけ多くの寺院の見学に行きましょう。

必ず生前に見学しておきましょう

一言で永代供養と言っても様々なタイプがあり、雄大な自然の中に位置する霊園もあれば、交通の便が良い街中に納骨堂型の霊園などもあります。まずは自分がどのような場所で永遠の眠りにつきたいのか、ということを大事にしましょう。見学できるお墓の情報館では、生前に見学することが出来る永代供養墓の情報を多数掲載していますが、気になる寺院や霊園は積極的に見学に行くことが大切です。パンフレットでは美しく見えていても、実はそうではなかった、という場合もあり得ますので、生前予約をする場合は必ず見学して自分が納得のいく寺院や霊園を選びましょう。自分が気に入った場所で眠り続けることが出来る、ということが生前予約の大きなメリットだと言えます。

契約内容を慎重に確認しましょう

見学して気に入った寺院や霊園が見つかり、すぐにでも契約手続きを行っておきたいと思うかもしれませんが、焦りは禁物です。永代供養墓の多くは宗教や宗派には関わらず受け付けてくれるものですが、念のため宗教や宗派についての確認を怠らないようにしましょう。更に気になる料金についても、慎重な確認が必要です。生前申し込みをしておく場合、事前に料金を一括払いしておくことはよくあることです。けれどその後年会費や管理料が発生したということが無いよう、申込書や契約書は隅々まで目を通す必要があります。料金を一括払いして、その後の費用は発生しないと思っていたはずなのに発生したとなると、遺族にも負担をかけることにもなりません。費用に関しては、特に契約内容を確認しておかなければいけません。

まとめ

少子化や核家族は、今後もますます進行して行くことが予想されます。そのため永代供養を希望する人も増加して行くでしょう。その際は必ず生前に実際の寺院や霊園を見学しておくことが重要ですが、合わせて契約内容の確認も怠ることがあってはいけません。宗教や宗派、料金の確認については言うまでもありませんが、納骨の方法や供養の方法も寺院や霊園によって全く異なります。申し込み手続きを行う前に自らはもちろん、家族も納得出来る納骨、供養方法なのかということも確認しておくようにしましょう。生前にお墓の問題を解決しておくことで、自らも家族も安心して過ごすことが出来ますので、お墓の問題を含めた終活全般は家族に相談しておくことも大切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら