お墓がいらない手元供養の仏壇・仏具の選び方

樹木葬や海洋葬といった自然葬への関心の高まりや子孫の代まで供養や管理の面倒をかけないよう先祖代々の墓所を墓じまいする人が増えてきたこともあって、近年急速に手元供養への関心が高まって来ました。

新しい供養のあり方だけに未だに一般的な形式が定まっていないこともあって、手元供養を選んだ場合自宅のどこで供養するのかや、室内で供養する際には従来の仏壇仏具を処分して専用の新たな仏壇が必要か否かといったことなどで戸惑う人も少なくありません。

自宅の庭に墓石を建てて良いのかという問題もあり、今後も多くの人が模索状態のまま手元供養の考え方が浸透することも考えられ、一般常識の範囲内での気遣いが求められる分野にもなっています。

個別の墓所を持たずに手元で供養する考え方

手元供養への関心が急速に高まった背景には、子孫に負担を掛けないためにも個別のお墓を持ちたくないという考え方が広く一般的になって来た風潮があります。高齢化が進んだことで自家用車でなければお参りできないような遠方にある霊園の墓所を墓じまいして改葬先を選ぶ際に自然葬としての散骨や手元供養を考えて決める必要性に迫られて手元で供養することを考え始める人もいます。

新たな埋葬地を考えている人も墓石にかかる膨大な費用を考えた場合、従来形式の墓所は選ばずに自然葬や合祀の永代供養墓を選ぶ人も少なくなく、全体にかかる費用の点で最も抑えられる方法の一つとしても手元供養は注目を集めるようになりました。自宅での供養ということで形式に自由度が感じられる点も若い世代に浸透しやすい面があります。

モダン仏壇の登場でさらに浸透する手元供養

近年ではマンションや輸入住宅など和室がまったくない住宅が増えたこともあって、かつて仏間に置かれていたような重厚感のある大型仏壇がふさわしい部屋がなくなり、代わりに洋風インテリアのリビングルームなどにも似合うモダン仏壇と呼ばれるタイプの製品が人気を高めています。

モダン仏壇はシンプルなデザインでチェストなどの上にも置きやすいコンパクトな製品が多く、手元供養に適した雰囲気があることから選ぶ人が増えて来ました。海洋葬などで散骨した故人の遺骨を分骨してオブジェやアクセサリーに加工した上で手元供養を選ぶ人にとっては、明るい雰囲気のあるモダンタイプの製品は安置する場所としても最適で、自分好みの仏具などをあらかじめ選んでおく人も出て来ています。

あらかじめトラブルへの対処も考慮

手元供養をする以前の問題として墓じまいや墓石の処分などで寺院や親族などとトラブルになるケースが少なくなく、改葬先や散骨方法なども含めてあらかじめトラブルを予測して対処を考えておく必要があります。伝統を大事に考える人の場合、墓じまいや仏壇の処分に強い抵抗を覚えることが多く先祖代々の墓所を墓じまいする際には親類縁者すべてに事前相談しておくことが大切です。

手元供養を初めてからのトラブルで考えられるのが、自宅の庭に見るからに墓石といったモニュメントを設置してしまい近所から苦情が出てしまうケースです。通りから見えない場所に目立たないような石を選んで設置するなど近所への配慮は大切で、散骨などもしないよう手元供養における最低限の知識を得ておく必要もあります。/p>

まとめ

手元供養を選ぶことでお墓のことで子孫を煩わせることなく故人を常に供養することができるようになりますが、人によっては室内に遺骨の一部があることに抵抗感を持つこともあるため、来客の多い住宅では遺骨のモニュメント等を人目に触れやすいリビングルームの目立つ場所には置かないなどの配慮が必要になって来ます。

近年では明るい雰囲気のモダン仏壇が登場したことで若い世代の間でも手元供養への関心が一層高まるようになっており、良いとされる祀り方なども少しずつ明確な形式となって浸透しつつあります。命日やお盆・お彼岸だけではなく日常を過ごす中で供養を続けて行けることから、故人への思いが強い人ほど適した形式とも言えます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら