手元供養を考えているなら…散骨前には見学、契約内容を確認して申し込みをしましょう

近年は、墓を持たずに手元供養をする人も増えています。遺骨や遺灰を自宅で管理する方法で自宅供養とも呼ばれていて保管方法も2種類あります。一つは自宅で遺骨や遺灰を全てを保管する、2つ目は墓地や寺院に納骨してから一部だけ自宅で保管するものです。

どちらを選ぶかは人によって供養の意識も異なりますが、基準として信仰心の深さから寺院での供養を選択することもあります。遺骨を分けて保管すると個人が成仏出来なくなるのではと心配する人もいますが。仏教では分散という形で宗派の大本山へ遺骨を納めることが一般的に行われてきました。

最近は専門の業者で生前申し込みやカタログなどから申し込みをする人も増えています。ただ、契約するときは契約書などをよく確認した方が良いです。

手元供養の手順や種類について

手元供養は分骨してから遺骨の一部だけ保管する方法が一般的で、最近は骨壺以外にもたくさんの選択肢があります。加工技術などで劣化やカビを防ぐ方法も多数あります。骨壺も遺骨の量により様々な大きさを選べて、陶器やステンレス、ガラスなどの材質がありサイズやデザインなども色々です。

アクセサリーとして加工する方法もあって、ペンダントやブレスレット、指輪なども作れます。作成方法もカプセルなどの小さい容器に遺骨を少量入れてペンダントなどに付けたり、遺骨を使って人工宝石を作ることも可能です。

自宅以外での保管も可能ですが、その場合もカタログなどを取り寄せて手続き前にその場所の見学や、契約内容などもよく調べてから手続きを行うことが大切です。

手元供養で必要な手続きについて

火葬場で分散するときに発行されるものが火葬証明書です。また納骨した後に改めて分散するときには分骨証明書が必要です。故人の名前や性別、死亡年月日などが書かれています。大体の場合は、火葬や分骨証明書は不要ですが、まれに手元供養品購入で必用なことがあるため、証明書が必用かなども契約前に確認した方が良いです。

手元供養をする人がいなくなって、永代供養などをすることになったときは火葬証明書が必用です。これは火葬後に発行されるので無くさずに大切に保管しておくことが大切です。

手元供養品を供養する人がいなくなってから、自宅の庭やお墓以外の場所に埋めると法律違反になります。自宅で保管が難しくなったときは永代供養をしてくれるお寺や業者に相談します。

手元供養に欠かせない必要書類について

分骨後に墓へ納骨や永代供養などへ移すときは、納骨先へは証明書の提出が必要です。納骨は埋葬許可証が必要で、墓があっても勝手に骨を納めることが出来ません。分骨した遺骨を新しい墓に納めるときも証明書が欠かせません。

火葬場では火葬証明書、納骨されているときは分骨証明書を発行してもらいます。また、分骨したものを散骨するときは証明書は不要です。

散骨でななく手元供養だと不要だと考える人もいますが、いずれ供養をしてくれる人がいなくなったり、また他の方法で供養をしたいときには証明書が必要なので大切に保管した方が良いです。

紛失したときは再発行も可能で、お墓のある自治体で手続きを行います。これは、個人の氏名と亡くなった日、火葬日がわかれば何年経過しても再発行してもらえます。

まとめ

手元供養は、常に故人を身近に感じられます。特に故人との生前の関係を大切にされている人は選択する人が多いです。引越しや体調が悪い時だとお墓や寺院などに納骨していると、そこに参りにいくのが難しいことがあります。手元なら距離や時間に関係なくいつでも供養が出来ます。

新しいお墓を建てると最低でも100万円程度の費用が必要ですが、手元供養なら必ず必要な物品はないので供養の仕方によって殆ど費用がかけずに供養も出来ます。

通常の墓に納骨するのと違うメリットもありますが、この方法が選ばれるようになったのは最近です。まだ、新しい方法なので親族などからの反対も考えられますし、よくわからずに手続きをしてトラブルになることもあるので事前によく確かめることが重要です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら