口コミから分かる手元供養のメリット・デメリット

新しい供養の形として注目されているのが手元供養。従来はお墓への納骨を行い、故人を偲ぶというのが主でしたが、敢えて手元に遺骨を残しておくスタイルも増えています。

また、あるいはお墓への納骨をしながらも、その一部を手元に残すという選択肢が取られることもあります。手元供養が選択されるのはそれだけのメリットがあるからですが、少なからず発生するデメリットにも注意が必要です。

故人の扱いというのは様々な価値観や歴史、宗教観などが関わってくる問題ですので、良いところだけでなく注意点や問題点も理解した上での選択が求められます。内容をよく考えた上で答えを導き出しましょう。

故人を近くに感じられる

手元供養が評判の理由のひとつに、故人の近くで過ごせることが挙げられます。大切な人が無くなった場合、簡単には気持ちを切り替えることはできないものです。

突然、離れ離れになることで平常心を保てなくなる人もいるでしょう。そこで心の拠り所となってくれるのが手元供養の良さです。

近くに故人を感じられ、普段から手を合わせて偲ぶことができます。気持ちが落ち着くまでそっと寄り添い残された者の心の癒しとなってくれるのです。

なお、手元供養の際には分骨した遺骨を、ペンダントに加工して毎日身に着けているというケースもあります。故人に守られている気持ちが持てるとして口コミでも評判です。

子孫への負担を減らせる

手元供養 子孫

メリットのひとつに管理の手間が減ることも挙げられます。お墓を建てそれを管理していくのは子孫の役目ですが、そうした負担を考慮する考えも広まってきています。

ひと昔前はお墓を守っていくのが当然のようにも考えられる節がありましたが、時代の変化と共にお墓への考え方も変わっているのです。なるべく子孫には負担を掛けたくないという想いで、故人自ら手元供養が希望されることもあります。

手元供養は単にお墓の管理が不要になるだけでなく、管理に掛かる費用の負担を減らせるのもメリッです。墓地の購入をはじめ、付随する諸々の費用が掛からないため金銭的な負担の面でも優位性があります。

亡くなった後にまで金銭的な負担は掛けたくない、そんな想いに合致するのが手元供養とも言えます。

こんなデメリットを理解しておく

デメリットとして、ひとつに快く周りに理解されることばかりではない点が挙げられます。手元供養の考えが広まっているとは言え、根強いのは従来からのお墓での供養方法。特に古い習わしを大切にする人からは、抵抗感が持たれることもあります。

自宅に置いておくと成仏ができないという考えもあり、故人のためを思うのならきちんとお墓で眠らせるべきという意見も強くあるのです。

災害による紛失リスクがあることもデメリットと言えます。例えば火災や地震など、こうしたトラブルで意図せず毀損する可能性を否定できません。二度と戻らないことで後悔の念を抱くリスクもあるでしょう。

他にも、供養する人の問題もあります。万一、供養する家族がいなくなった場合、その扱いについてどのようにすべきか迷わせることも考えられます。身内に手元供養を知られていないことで忘れ去られてしまうことも。

まとめ

手元供養には選択する人が増えているだけのメリットがあります。特に故人を近くに感じられるのは、残された者にとっての大事な拠り所です。ぽっかりと空いてしまった心の穴を埋めるための存在にもなってくれるはずです。

しかし。メリットばかりに着目して選択することは難しい場合もあります。一方では手元供養を良しとしない人もいますので、故人の扱いについて揉める可能性もあるでしょう。

ひとつの選択肢として考えてみる価値のある供養スタイルですが、身内とも十分に相談をしながら判断を下すことが大切です。理解を得ないままに決めてしまうよりも、関わる者が納得できる答えを見付けるのが故人にとっても喜ばしい結論となるはずです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら