新しいお墓の形樹木葬と手元供養はどう違う?

家族が亡くなるとお葬式をしてお骨は墓に入れるという流れは一般的なものです。この流れのお葬式や納骨などの供養については、大きく盛大な場合もあれば小さく家族だけで行う場合もあり、お葬式や供養の仕方は色々な考え方があり、やり方も多様化しています。

お墓や供養の方法には様々な考えがあり、中にはお葬式はできるだけやりたくない場合や、家族がいないという場合も考えられ、さらに供養の仕方などを考える必要はあります。

そんな中で新しいお墓の形態に樹木葬や手元供養という形式があります。どっちも良い方法で、比較することで特徴や違いを知る事で、お墓や供養の仕方を考えた時に選択肢に加えることも良い選択となります。

樹木葬の特徴について

納骨の方法が多様化しており、樹木葬も納骨の方法です。樹木葬は自然葬のひとつで、従来はお墓に納骨する埋葬方法ですが、それとは違い霊園の敷地や自然の山や木、草花の下にお骨を埋葬する方法で、自然に還る事ができると考えて選ばれることもあります。

樹木葬には都市型と公園型、ガーデニング型、里山型などから選べます。樹木葬の都市型と公園型については、目印となる樹木の周りに遺骨を埋葬し、一人に対し1本の樹木を植える場合、1本の樹木を植えた区画に複数の遺骨を埋葬する場合などがあります。

ガーデニング型は納骨堂内等の植物に囲まれた場所に納骨して埋葬し、里山型は山林などの広い所に埋葬し、より自然に近い形式で行うことができる樹木葬です。

手元供養の特徴について

供養する方法にはお墓に行ったり、遺骨を補完してある場所に出向き供養をすることは一般的です。お墓が遠方にあったり、新しいお墓を用意することが出来ない、という場合もあり、そのような場合に良い供養の方法が手元供養です。

手元供養は遺骨や遺灰を自宅で管理する方法で、自宅供養とも言われています。保管方法には遺骨や遺灰の全てを自宅で保管する場合と、墓地や寺院へ納骨し一部を自宅で保管する方法があります。

どっちを選ぶかは供養に対する意識によりますが、遺骨を分けて保管することは故人が成仏できないのではと心配になりますが、仏教では昔から分骨という形態で宗派の大本山に遺骨を納めることは行われていることなので、問題はないと考えることができます。

樹木葬と手元葬のメリット

樹木葬のメリットはお墓の跡継ぎや管理の心配がいらないという点です。通常は墓石が代々継承されていきますが、継ぐ人が居なくなるということも考えられ、樹木葬は墓地の継承は必要なく、霊園や墓地が管理をしてくれます。一般的な埋葬に比べると費用が抑えられる事もあります。新しい形の埋葬方法であっても自然の中に埋葬されるため親族に受け入れられやすい方法と言えます。

遺骨や遺灰を自宅に保管できるため手元供養は、常に故人を身近に感じる事ができることがメリットのひとつです。お墓などに出向くことが難しくなる事もあり、距離や時間を気にすることなく供養することが可能です。新しくお墓を建てるのではなく、必ず必要になる物はないため、供養の仕方によっては費用をかけずに供養ができます。

まとめ

樹木葬や手元供養など新しい納骨や供養の方法は、一昔前であれば中々受け入れられない方法とも言えますが、近年では家族の形態は様々なタイプがあり、お墓に納骨して代々お墓を受け継ぐ考え方では納骨や供養が難しい状況もあります。

樹木葬や手元供養など新しい形式は受け入れらない場合もありますが、遠方で自分のお墓に行くことができずに放置してしまうよりは、一般的な供養方法以外を検討しても良い選択となる可能性があります。

お墓の購入を検討したり自分がどうしたいか、等色々な角度から検討することは大切なことで、樹木葬や手元供養などの供養方法があり、それぞれ特徴の違いなどを理解し選択肢に入れることも良いことです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら