生前整理にかかる費用相場はどれくらい?いざというきに備えて知っておこう!

人間が1人でも生活しようと考えたら、物はとても多く必要になります。知らない間に増えていたあれやこれも、もう既に自分の力ではどうしようもないところまできてしまった、と考える方は、生前整理をしようと決意されるのです。

生前整理の良いところは遺品整理とは違い、自分も関わって取捨選択が出来るところでしょう。不要でもまだ使えるものはお金に変えることが出来ますし、欲しがる人にあげることも出来るのです。

では、大切なものは置いておいてあとの物は捨てたい、整理したいと願ったときに、一体どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。いざという時に慌てなくても良いように、生前整理の相場や平均金額を1度はきちんと知っておきましょう。

生前整理を業者に頼む場合の費用相場

生前整理の費用は、整理をする部屋の広さや処分をしたい品物の数、そして種類などによって決まります。例えば家電製品や大型家具などは回収処分には品目ごとに料金が設定されている業者が多いですし、日用品や雑貨などでも量が多ければ多いほど回収費用はかかってきます。

業者の多くは部屋の広さで価格を設定していて、1Kで5万円前後、1DKで9万円前後、2DKは15万円前後です。セットプランの場合には基本料金として品物の仕分け作業、不用品の運搬費用が含まれているところが多いでしょう。

別途、出張費が発生したりスタッフの人数によって価格が変わったりすることもありますから、見積もりの時に価格の内訳や変動に関してはきっちりと質問をして確認をとることが大切です。

必ず見積もりは数社にお願いする

生前整理を行う業者はたくさんありますが、業者によっては価格設定の仕方や作業料と出張料などを含めた最終金額は違って来ます。ですから依頼をする前に無料で見積もりを取り、数社で比較検討するようにしましょう。見積もりをとればその明細を確認することも大切です。

業者によって作業にかかる値段は違いますが、安ければ良いということではありません。基本料金は安くても後から追加料金が様々な名目で足されるようであれば、最終的に支払う金額は高額になる恐れがあります。見積もりの時にしっかりと確認することで、最終金額が増えていても何に対しての追加料金なのかを質問しやすくなり、不信感を抱いたり悪徳業者に騙されたりするリスクが減ります。

業者を選ぶ際には価格ばかりに注目しない

費用面がどうしても気になるのは当然ですが、満足出来る作業をして貰う為には費用面以外にも着目するのを忘れてはいけません。作業は人が手でするものですから、相手に不信感を持っていたり適当な感じで作業されるとこちらも気持ちがすっきりしないでしょう。

品物の仕分けや梱包、運搬は丁寧で的確か、近隣に迷惑がかからないように物音にも配慮してくれるか、物を運び出したあとに掃除のサービスはついているか、など細かい面も質問をして確認しましょう。こちらの話を親身になって聞いてくれ、問題を一緒に解決しようという姿勢を持つ業者を選べば、片付いた後にはすっきりとした感覚と共に感謝の念があることでしょう。

今は不要になったものとはいえ、自分の財産を処分するのですから、価格だけではなく細かい配慮もしてくれる業者を選ぶことが自分のためへとなるのです。

まとめ

生前整理とは、所有品や資産など、生前に自分の身の回りを整理しておくことを言います。予め自分が使っていたものを整理しておくことは、いつか来るこの世との別れの後に遺族に迷惑をかけないためでもあるのです。

物が多すぎて処分が大変だ、という方は、業者に頼んで一気に片付けてしまう方法がありますが、その平均相場は部屋の広さや物の数によって違ってきますから、これは業者に頼もう、と考えるのであえば複数の会社に見積もり依頼を出してみましょう。

その中で、自分の気持ちに寄り添ってくれるな、と思える業者があれば、見積もり内容をしっかりと確認して依頼します。物が片付くと共に、肩の荷も下りたように感じることでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら