仏壇とお墓はどう違う?どちらに重きを置いたらいい?

家族が亡くなった時に考えなければいけないお墓。新しくお墓を用意するとなった時、ふと仏壇は必要なのかと悩まれたことがある人も多いのではないでしょうか。仏壇とお墓ってどちらも必要なのか、そもそもどのように違うのかを知らないという人も少なくありません。

今回は、2つの違いとどちらを重要視した方が良いかについて詳しく解説していきます。また、経済的な余裕がない場合、お墓と仏壇のどちらを用意するべきなのかについても触れていきましょう。突然家族が亡くなると対応に追われることが多く、周囲に言われるがまま動いてしまうことがあります。そのような時でも冷静に対処できるよう知識を付けておいてください。

仏壇とお墓の違いとは

墓には個人や先祖の遺骨が祀られているものとして認識されています。納骨する際に魂入れの儀式を行い、魂も祀られているのです。これは仏壇も同様で、仏壇には遺骨はありませんが、魂入れの儀式はされています。ではどのように違うのでしょうか。

仏壇は本尊を祀るものとして認識されていて、上部にキラキラとした装飾に囲まれている本尊があります。お寺の本堂の装飾と似ていることから、仏壇は小さなお寺と言えます。各家庭に小さなお寺があることで、毎日お寺に参拝しているのと同じと考えられているのです。

本尊の下に故人の位牌や遺影を飾っておくことで、本尊や故人に見守られていることを実感することができます。墓と仏壇にはこのような違いがあります。

お墓と仏壇のメリットとデメリット

故人をどこに祀るか考えた時、一番最初に思いつくのが墓です。先祖代々の物があればそちらに納骨する形になりますが、新たに用意する場合には従来通りの墓か納骨堂のどちらかを選択することになります。昨今では納骨堂も人気で、手入れが必要ないというメリットがあります。これは家族の希望が重視され、どっちが自分たちのニーズに合っているのかを考え選択します。

墓だけを用意する場合、遺影や位牌をどの場所に置くのかということになります。これは納骨堂に置いておくこともできますが、自分たちで手作りの仏壇を用意することが多いようです。リビングなど常に目に触れる場所に置き、常に近くに感じたいと望む人もいます。家族で相談してみましょう。

仏壇を持たない家も増えている

住居環境によって大きな仏壇を置くことができない家庭が増えています。それによって墓のみを用意し、仏壇を用意できない場合もあります。本来は置きたいのに置けない場合、ミニチュアサイズの物も販売されています。

家族のいる場所で故人を近くに感じたい場合には用意することをおすすめします。もし用意することができない場合でも、自分たちで手作りスペースを作るのも良いでしょう。遺影や位牌を置いて、毎日お参りしてあげることが供養にもなりますし、守られていることに感謝することができます。もちろん、お墓参りにも定期的に行くことが大切です。どちらにも魂があると考えられることから、どちらも大切にしなくてはいけないことがわかるでしょう。

まとめ

家族が亡くなった時に用意しておきたい二つについてお話してきました。どっちが重要かと聞かれれば、どちらも大切ではありますが、遺骨の置き場所を確保する必要がある為、墓の用意は必須と言えます。また、人によっては納骨堂を選択することもあるかと思いますが、こちらはどちらの役割も担ってくれるので、定期的にお参りに行くようにしてください。

経済的な余裕がない時や住居環境的に難しい場合は、仏壇を持たない選択肢も悪いことではありません。もし持つことができないのであれば、故人を近くで感じられるように毎日家族の目につく場所に遺影や位牌を置いてあげることをおすすめします。どの形であったとしても、故人を偲ぶことを忘れないことが大切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら