永代供養後の仏壇はどうする?今まで通り仏壇に手を合わせてもいいもの?

現代の日本社会は少子高齢化や核家族化、女性の社会進出など、数十年前と比較すると社会情勢が大きく異なっています。そうした変化は様々なところに出ていますが、お墓を取り巻く状況にも変化が見られていると言えます。

少子化核家族化が進んだことにより、子孫がお墓を守って行ってくれるという保証はどこにも無く、また子孫がいたとしても負担を掛けたくないという人も増えています。そのような人々が注目している埋葬法の一つに永代供養があり、一度は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。誰もが人生の最後には死を迎えることは間違いありませんので、こうしたお墓の問題は誰にでも関わりのあることだとも言えます。

永代供養を選ぶ人は増えています

永代供養は寺院などが遺骨の管理と供養を家族に代わって担ってくれるものですので、自分も安心ですし遺された家族にも負担を掛けることはありません。お墓の後継者が心配だという人にとってはうってつけの埋葬法です。ただそこで気になるのが、仏壇だと思います。社会情勢が大きく変化したと言っても、仏壇が置いてある家庭はまだまだ多いでしょう。

永代供養を頼んだものの、自宅や実家にある仏壇をどうしようかと悩むことも少なくありません。毎朝仏壇に手を合わせることを日課にしている人も多いように、仏壇は家の中にあるお墓のような存在です。仏壇があることで自宅でいつでも故人や先祖を偲ぶ事が出来ますので、心の中でいつでも供養が出来るということも言えるでしょう。

それぞれにメリットとデメリットがあります

ただ仏壇にも永代供養にもそれぞれメリット、デメリットがあります。まず仏壇のメリットは、先程も述べたように自宅の中にあるお墓のような存在として、心のよりどころになってくれる場合があります。デメリットとしては、その処分方法に困るということがあるでしょう。長年先祖代々大切にしてきたものであればあるほどどうしていいのか分からず困ることがあるはずです。

永代供養のメリットは、やはり何と言ってもお墓の維持管理の手間暇がかからないということでしょう。遺族がいても遠方に住んでいればお墓の管理は大変ですが、その手間が無くなることはありがたいことだと言えます。デメリットは、一定期間が過ぎれば遺骨は合葬されることが多いので、他人の遺骨との合葬に抵抗がある場合は注意が必要です。

供養の形にこだわる必要はありません

仏壇には家の中のお墓またはご先祖様達の家としての意味合いがあり、自宅の中で常に個人や先祖を偲ぶ事が出来ます。永代供養は少子化や核家族化という社会情勢の変化に伴って近年ニーズが高まっていますが、納骨後の遺骨の管理や供養を寺院や霊園に一任することが出来ることに大きな特徴があります。

ただ供養の仕方にこれと言った正解や決まりはなく、永代供養を頼んだからその後一切の供養をしなくても良いという訳ではありませんし、またしてはいけないということもありません。ご先祖様の供養は形にこだわらず、自分達が希望する方法を選ぶ事が大切です。供養は形にこだわる必要はありませんので、永代供養を頼んだとしても仏壇をすぐにでも処分しなければいけないということもありません。

まとめ

代供養と言うと寺院や霊園がその後の全てを担ってくれるというものですので、仏壇に手を合わせる必要も無くなるのかと考える人も多いと思います。けれど先程も述べたように、永代供養を申し込んだからと言って仏壇に手を合わせてはいけないということは全くありません。

これまで通り仏壇に手を合わせ続けても何ら悪いことも支障も無いと言って良いでしょう。むしろご先祖様達は、そうした心を持ち続けてくれていることへ感謝してくれるはずです。どっちを選んだかで、こうしなければいけないということはありません。移り変わる社会情勢の中でも自分達の出来る範囲でご先祖様達を敬う気持ちがあれば、それで良いとも言えるのではないでしょうか。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら