以外と費用がかかる?お仏壇にかかる費用相場を知っておく

仏壇にかかるお金は、種類によってかなり違いが存在します。それらに加えて、開眼法要などのお金も考慮しなくてはいけません。仏壇は消耗品ではなく、手に入れた後はずっと手元で手入れをしなくてはいけないものです。

何度も購入をして買い替えていくものではないため、それぞれの種類で何が最も良いのかを正確に判断することが大切です。

これらの中にも、上等な漆や金箔など使ったり他には使われていない高い技術を用いて作っているところもあります。このようなものを利用するとお金は高くなる可能性もありますが、普通に購入するだけならば安いものもあります。それぞれの特徴を把握して、正確な値段を計算すると良いでしょう。

仏壇の一般的な平均価格は高くない

一般の人が購入する仏壇の相場は、墓石と比較するとそれほど高くはありません。本尊の場合、必要になるお金はだいたい数千円から数万円のモノが相場であるため、大きな金額を支出することにはなりません。仏壇は、金額が高くなりがちな墓石とは全く異なります。

仏壇は自宅で管理することがほとんどですが、墓石は管理を別の場所で行うことが一般的です。例えば、外で管理するときには雨や風に晒されたとしても風化することが無いように工夫をする必要があります。

一方で、仏壇は開眼法要などの費用も考慮する必要がありますが、この費用もそれほど高くはない状況になっています。ですから、大きなお金を支払う必要はありませんし相場もあまり大きくなることはないのです。

法要を忘れずに金額を計算しよう

法要 金額

仏壇の購入で大切になるのが、購入にかかるのは本尊の購入費用だけではないということです。特に重要なのが、法要に関する費用です。お墓にも同じようなものがありますが、仏壇にも同じような行事があることが多く、僧侶に読経を挙げてもらって魂を入れてもらう儀式を行うことが求められます。

もちろん、宗派などによって取り決めやそれにかかる費用は異なる傾向がありますが、一般的な相場は数万円程度と決まっています。僧侶が自宅にやってきてくれる場合には送迎代金も考えなくてはいけませんが、これを含めても大きな金額にはなりません。

本尊の価格を考慮したとしても、普通は10万円を超えるような金額になることはほとんどないのでやはり相場はそれほど高くはないのです。

仏壇の扱い方に関する注意

仏壇の扱い方に関しては、少しだけ注意が必要です。例えば、会社の経費でこうしたモノを購入しようと考えている場合です。実は、仏壇は会社で購入して経費として支出することもできます。当然ですが、この場合には税金を納める時に収支報告書などにきちんと会社の墓という名目で記載しておかなくてはいけません。

この場合、購入したとしてもその継承者はその企業の代表者になるということを知っておかなくてはいけないのです。会社は法人という媒体で社会奉仕を行っていますが、お墓や仏壇を購入する際には代表者のみが継承します。

仮に、代表者が都合で交代した場合には次の代表者がこれを引き継ぐことになります。この点はとても重要なので、経費で購入する場合には覚えておくことです。

まとめ

仏壇の価格は、その時々の状況によって大きく異なります。個人が入手するだけではなく、法人で購入しようと考えている場合でも同じです。こうした商品は、宗教上の観点から様々なオプションが付いてくることも事実です。

宗教的に付加価値を付けていきたいと考えている場合には料金が大きくなりますし、そうではない場合には料金が小さくなることもあります。

どのような状況で購入したとしても、手続きの違いやその後の扱い方も大切です。個人の場合は継続的な管理をどのように扱うのか、そして法人で購入する場合には誰を代表者にするのかを決めておくことが大切です。これからずっと大切にするものなので、将来的な事を考えて購入すると良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら