仏壇はいつまでに購入しておくべき?

昔の日本では、仏壇が家の中にあるというのは当然のことでした。祖父母と同居しているケースが多く、先祖の遺影と共にあるというのが一般的です。しかし核家族化が進んだ現代では家の中に仏壇はなく、いつ購入すれば良いのか判らないといった悩みを持っている方もたくさんいらっしゃいます。

仏壇本来の観点から言うのであれば、身内の方が亡くなるなど不幸があった時に購入する、というものではありません。ですが実際には誰も亡くなっていないのに仏壇を準備するということは滅多になく、不幸があったから購入するといった家庭が多いでしょう。

では仏壇を買う時期やタイミングなどは、本来決まっているものなのでしょうか?いつ用意すべきなのか、考えてみましょう。

仏壇の購入は思った時で良し

仏様を祀る仏壇は、厳密にいえばいつ買わなければならないという決まりはありません。そのため、我が家には仏壇がないけれど、そろそろ買おうかなと思った時の購入で問題ないでしょう。しかしいつでも良いと言われるとそれはそれで選び辛くなるのが人間という生き物の面倒くさいところで、その点から多くの方は何かしらきっかけがあった時や区切りがついた時に購入することが多いのです。

また六曜をきにされる方も多いのですが、これも厳密に言えば仏教と六曜は関係ありません。仏教では因果関係によって物事が決まり、六曜が直接原因として物事を左右することはないから、というのが理由です。なので気にする必要はないのですが、何となく気になるからと仏滅の日を避けて買う方もたくさんいます。

一番多いのは、49日の本位牌と合わせての購入

仏壇はその購入時期やタイミングには決まりはありませんが、位牌には決まりがあります。白木の札位牌から黒の本位牌へ49日を区切りにして切り替えることが一般的ですから、その位牌を用意する際に同じ店で仏壇や仏具一式を取り揃えるというのが一番多い購入のタイミングです。

49日の法要の際に仏壇がなくてはいけない、という決まりがあるわけではありませんから、なんとしても49日までに仏壇を整えよう、と必死になることはありません。特に身近な方が亡くなった時には49日までと焦らずとも少し時間を置いて落ち着いてから、ゆっくりと故人へ思いを馳せながら選ぶのがより良いとされています。家族と相談の上でタイミングを決めるようにしましょう。

他にもある購入のタイミング

仏壇を購入するタイミングとしては、他にもあります。仏壇が古くなってきたから、引っ越しをして部屋の間取りが変わってしまったから、ご先祖や故人を今よりももっと強く祀りたいと思ったから、お盆やお彼岸などの時期が来て色々と見直そうと思ったから、3回忌がきたから、などです。

例えば身近な人が亡くなって49日ではまだ1ヶ月半ほどしか経っていません。その為に心が落ち着いておらず、場合によっては悪徳業者と関わってしまうことも考えられます。そうなれば無意味に高額なものを購入することが多く、誰も喜ばない結末になるのです。そのような場合には、自分がしっかりと選べる一回忌を目処にする、など家族で予め話をしておくのが良いでしょう。

まとめ

仏壇を自宅へ迎え入れようと考えるのであれば、その時期やタイミングは特に決まっているわけではない、と知っておきましょう。仏教と六曜は厳密には関係ありませんから、それを気にする必要もありません。ただし身内の方がなくなった場合などに位牌を設置するために買うと考えることは一般的ですから、最も購入されるタイミングといえば、49日前後です。

しかし予め購入しておくならともかく、近い人が亡くなると大なり小なり動揺があるのが自然です。その時にはしっかりとした判断力は鈍くなることもありますから、慌てて買うことを決めず、家族などともじっくりと相談して納得いく時期に選び抜いたものを購入するようにしましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら