墓じまいをして永代供養へ…費用はどれくらいかかる?

近年、少子化で先祖代々のお墓の維持が困難となり、お参りし易い都市近郊の永代供養施設に埋葬を移行しようとされる方が増えています。

遠方の故郷の先祖代々の墓を維持するのは、精神的にも経済的にも負担となるものです。こうした負担を子供達や孫達にさせないために、自分の代で負担を掛ける事の少ない永代供養の施設に遺骨を移行する改葬をしようと考えられるのです。

しかし遺骨の埋葬場所を変更する改葬には、お墓の管理者、新たな永代供養施設、役所に対して手続きも必要ですし、色々な費用も掛かります。 本記事では、改葬の手順と費用についてその概要を記載し、改葬を考えられる際の参考に供したいと思います。

改葬するために必要な手順

改葬するには、最初に新たに埋葬をお願いする永代供養施設との契約が必要です。契約をして遺骨を受け入れると言う「受入証明書」を発行してもらいます。次に、現在の墓地の管理者に改葬を申し出て「埋葬証明書」受領します。この2つの証明書を添付して、自治体の役所で申請書類に必要事項を記入して申請し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

遺骨を取り出した後、墓石や巻き石を撤去し、更地にした上で寺院や霊園に返却する必要があります。更地にした上で永代使用権も放棄して返却する事になるのです。

この「改葬許可証」を契約した永代供養施設に提出し、遺骨を納め、埋葬の変更が完了します。以上が改葬手順の概要ですが、それぞれの手順で費用が掛かる事になります。以降にその費用を記載します。

離壇料と閉眼供養のお布施

まず墓じまいする際には、お寺から離壇料を請求される事があります。これは檀家が減る事でお寺さんの収入が減少するため、請求されるのが主旨ですが、法的には支払い義務はないとされています。

数百万円と言った法外な金額を請求され、社会問題となっているケースもありますが、そんな高額を支払う必要はもちろんありません。しかし20~30万円の離壇料なら、長年お世話になったお寺さんに感謝の意味を込めて支払うのが一般的です。

また閉眼供養のお布施も必要で、適切な離壇料を求められた時は、お布施は別途3万円程度で良いでしょう。離壇料を求められない場合には、閉眼供養のお布施を多めにして20万円程度とするのが一般的と言えます。

墓地を更地にする費用やその他の費用

埋葬場所を手続きを踏んで永代供養施設に変更する場合、先に記載した様に墓石や巻き石を撤去して、更地にして返却する必要があります。この更地にする作業は石材店にお願いするのが一般的ですが、撤去と石材の処分は、1㎡当たり20万円程度が相場とされています。面積に応じて、この更地に戻すための費用が掛かる事になります。

また新たに埋骨する永代供養施設に対しては、その施設が定める費用が必要な事はもちろんです。ただし新規に納骨する場合も、埋骨先を変更する改葬の場合も、その金額は一般的には違いません。さらに手続きを進める際に役所に「改葬許可証」を発行してもらうために、少額ですが手数料も必要ですし、旅費交通費も馬鹿になりません。

まとめ

以上に記載したように、改葬して埋骨施設を永代供養に変更するには、色々と手続き等が大変です。また離壇料と閉眼供養のお布施等のお寺さんへの支払い、更地に戻すための石材店への工事費、新たな永代供養施設への納骨費と、やはり100~200万円程度の金額が必要となるのが普通です。

しかし改葬して永代供養に変更すれば、それ以降のお金は掛からなくなり長い目で見れば決して高いとは言えないかも知れません。さらに子供や孫達の精神的な負担を取り除くメリットも大きいと言えます。

改葬しなければ、いつかは無縁化してしまうと言う想いから、永代供養への変更・改葬を考えて居られる方は、改葬に関連する基礎知識を持った上で、進められる事が必要です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら