手元供養への改葬にかかる費用と手続きの仕方について

地方での高齢化と大都市部への若者の流入で過疎化は一層、深刻化しお墓を適切に管理することが難しくなっています。伝統的なお墓のスタイルでの先祖供養は難しくなり、最近では永代供養墓を利用する方は増加する勢いを見せています。

さらに新しい先祖供養のあり方として注目を集めているのが、もはや墓石すらも必要としない「手元供養」と言う方法です。しかし現在お持ちのお墓についての改葬手続きなどを抜きに私人が勝手に行うことは出来ません。「遺骨」の管理に関係する問題であるだけに行政上の手続きや檀家となっているお寺での墓じまいなど行うべきことは色々あります。そこで本稿ではその概要を御紹介しましょう。

手元供養することのメリットとは

手元供養とは、遺骨や遺灰を自宅で管理する方法のことで自宅供養とも呼ばれています。保管方法には2種類あり、遺骨や遺灰の全てを仏壇などで自宅で保管する方法と、墓地や寺院へ一部を納骨し一部だけを自宅で保管する方法があります。

手元供養には従来の墓を前提にした時と違って身近に故人を感じることが出来るメリットを持っています。また墓参りの為にお盆などを利用して遠方にまで出かける手間がなくなります。ところで新しくお墓を作る場合には最低でも100万円程度用意しなければなりませんが、そういった設備費用は不要なのでコストを大きく削減することに繋がります。

骨壷は2~5万円程度ですが、高いものでも10万円程度に納まる訳です。他方で親族のなかにはこのようなスタイルに異議を持つ方が要るので事前に十分親族と話会うのが妥当です。

改葬の前提には墓じまいを忘れずに行う

手元供養は従前、先祖供養を行ってきた墓から遺骨などを取り出すことが必要になるので、墓じまいを行う必要があります。まず墓の中に誰の骨があるのか数量や大きさ・経過年数などを確認しておきます。次に揉めるリスクが他界のわけですが祭祀承継者が誰であるのか話をまとめて合意に達しておく必要があるのです。

祭祀承継者がその後の手続きや管理の責任を負うことになるので、権利保有者全員で書面を作り合意した証拠を残しておきましょう。その後お寺や霊園に墓じまいを行う旨を伝えます。寺などは異議をさしはさむことなく応じてくれることが多いですが、経済的事情が絡むことになるので、ある程度の経済的負担には応じるのが、揉め事に発展することも防げます。

手元供養を実践するには改葬手続きが必要

墓じまいなどの遺骨の保管場所の変更には行政上の改造手続きなども、忘れずに踏むことが必要です。自宅に保管場所が変更になるだけで、厳密に言うと改葬には該当しないはずですが、その点の認識は自治体や寺によっても違いが見られます。

なかには改葬のための手順を踏まない限り遺骨を渡してくれない寺などもあるので、柔軟に改葬などに応じる姿勢をとるのもトラブル防止の面から望ましいと言えます。最終的にはお墓を撤去してもらう墓石業者に依頼することになるのです。

費用は墓の面積に応じることが多くなりますが、狭い寺などでは重機が入らず人海戦術となり高額になる傾向がみられます。費用の面が心配なら見積りを出してもらうのもいいでしょう。相場的には30万円程度です。

まとめ

お墓の後継者不足が関係して、手元供養を選択する方が増加しています。選ばれるには費用を節約できるだけでなく、故人を身近に感じることが出来るなどのメリットをもっているからです。しかしこの方法を実践するには墓じまいが必要です。お墓を利用しないスタイルに異議をもつ方もいるので十分話し合うことが求められます。

現在の寺や霊園とは良好な関係を維持しながら従来の関係を解消する姿勢が必要です。厳密には改葬には該当しないわけですが、自治体や寺によっては改葬手続きを要求する場合もあるのです。最終的には従来のお墓を撤去しますが、重機や人員を駆使して撤去することになるので30万円程度の負担は見ておくべきです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら