仏壇を1つにまとめる時の注意点

自宅にお仏壇が二つ置いている家族もいます。一般的に一つという場合が多いのですが、妻側と夫側の二つのものが置いてある場合もあるということです。二つも置くというのは駄目ではないのか、と不安になる人もいますよね。

二つのものを置いておく場合、一つにしたい場合はどうしたらいいのかというときは、きちんと確認してみるといいでしょう。二つ置いておくときの注意点、一つにまとめる場合の注意点などを知っておくことで、妻と夫の両方の仏壇をほったらかしにしたりしないようにすることが出来ます。

地域や宗教などによっても考え方が違うので、2つの仏壇を一つにする場合の注意点などをきちんと理解して行いましょう。

両家のものを自宅に置くなど理由がある

夫も妻も祭祀承継者の場合、両家の墓を建てるのと同じく両家の仏壇にしたいと考える人もいます。自宅にすでに仏壇があり、さらに実家などから引き継ぐことになった場合もあります。二つの仏壇を祀っても構いませんが、宗派が同じであれば一つにまとめることが出来るということを知っておきましょう。

なぜそのようになるのかという、その理由はいくつかあります。たとえば、親と同居することになって親が持ち込んだ、夫婦がそれぞれの信仰する宗派の仏壇を一つずつ置いている、夫の仏壇があるが、妻が両親の仏壇を引き継ぐことになったというパターンです。

それぞれの理由があり、仏様や先祖をお参りする気持ちが何より大切です。ですが、もし一つにしたいというときは、注意することがあります。

異なる宗派の場合は細心注意が必要

仏壇 注意

夫婦で話し合い、仏壇を一つにまとめたいというときには、いくつか注意点があります。まず、もっとも注意しなければいけないのは、宗派が同じかどうかです。宗派が同じ場合は一つにまとめるというのは簡単だといいます。夫婦のどちらの宗派にするのかを考える必要がないので間単にまとめることが出来ます。

注意しなければいけないのは宗派が異なる場合です。仏壇は仏様や先祖の住まいになる家と同じです。なので、一つの仏壇に異なる宗派を祀ることはあまりおすすめ出来ません。

こうなると、宗派で統一するのかを決めることになりますよね。片方のお寺とは縁を切る形になってしまうので、どちらの宗派にするのかを家族とよく相談して決めましょう。

移動や処分をする前に魂抜きをするのが大切

どちらの宗派にするのかを決めたら、縁を切ることになった宗派の仏壇は不要になります。自宅にそのまま放置しておくわけにもいきません。処分する仏壇は菩提寺に相談し、閉眼供養つまり魂抜きを行う必要があります。

まず、購入したときに開眼供養が行われたかどうかを確認することが大切です。開眼供養が行われている場合必ず、閉眼供養を行う必要があります。閉眼供養を行わずに移動したり、処分してしまうのはよくありません。

複数の宗派、複数の仏壇をそのままにしておくことよりもよくないです。必ず魂抜きをして移動させる、処分するようにしましょう。

閉眼供養は開眼供養と同様に、基本的には菩提寺の僧侶に依頼します。もし菩提寺がない、近くにないときは、葬式や墓をお願いしたお寺に問い合わせるといいです。

まとめ

複数の仏壇があるというのは一般的ではありません。ですが、複数のものがあるのがいけないということではなく、何の問題もないといいます。ただ、もし、2つのものを1つにする場合は、きちんと注意点を守って行いましょう。

まず、宗派が違う場合はどちらの宗派にするのかを確認します。同じ場合は特に問題はありません。宗派が異なる場合は、家族でよく話し合って決めることが大切です。そして縁を切ることになった宗派のものは処分しましょう。その前に移動や処分をすると決めたものの魂抜き、つまり閉眼供養を行うことを忘れてはいけません。仏様や先祖の住まいと同じものなので、丁寧に扱い、きちんと注意をして感謝を伝えて処分します。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら