手元供養にしたけど法事をしたい!その場合はどうすればいい?

従来のような個別に墓石を建てるタイプのお墓を持たないという選択をする人が増え、樹木葬や海洋葬といった自然葬のほか合祀形式の永代供養墓、都市型納骨堂など多様な埋葬や供養の方法が登場していますが、近年特に注目を集めているのが手元供養です。

専用の施設に納骨や散骨を行わず自宅で供養する方法ですが一周忌などの法要を行いたい場合やお盆のお供えの仕方などで戸惑うケースも少なくなく、比較的新しい供養方法ということもあって指針となるべき情報も多くない状態です。故人のためを思って法事を行う遺族の気持ちが満たされることも大切な面があり、実際に手元供養を始めた人々が少しずつ伝統を紡ぎ始めている段階と言えます。

手元供養で選ぶ自宅で行いやすい法事

故人の遺骨を一般的な墓所へ納骨せず手元供養を選んだ場合に葬儀後の初七日や四十九日、一周忌などの法要のほかお盆やお彼岸のお供えなど、伝統的な行事を一通り行っておきたい人には戸惑う機会が少なくありません。まず故人の遺骨を自宅でどのようにお祀りし続けるかという問題もあり、法事をきちんと行いたい人はその段階から今後を見据えた上での仏壇・仏具選びを行っておくことも重要になって来ます。

手元供養を選ぶ人の場合、厳しい決まり事がある宗教や宗派に属していないと考えられますが、仏事そのものを大切にしたい場合、デザイン優先のシンプルな製品であっても遺骨やそれを加工したオブジェなどを安置する仏壇は用意しておいたほうが良く、それを置くスペースを中心に法事が行えるようにしておくと後々便利です。

法事の形式にこだわる場合は各種サービスを利用

手元供養であってもきちんとした形式に則った法事を行いたいと考えている場合、僧侶への依頼などあれこれ自分で手配しようとすると大変な面があるため、法要全般の手続きを代行で行っている業者に依頼するという方法もあります。葬儀社のアフターサービスとして追加料金で行っているケースもあり、葬儀社を決める段階でそれも視野に入れておくと法事のサポートを受けることもできます。

亡くなってから49日後に行われる四十九日法要はお墓への納骨を行う目安とも言える大事な行事ですが、納骨を行わない手元供養の場合は大掛かりに行う必要性があまり高くないこともあって家族のみで自宅で静かに故人を偲ぶか、気になる人は出張法要を行っている僧侶に依頼してお経をあげてもらう方法もあります。

手元供養でも一周忌法要が節目の一つに

手元供養を選ぶ人は宗教や宗派にとらわれない家族の気持ち優先で故人の供養を行っていける自由度の高さに惹かれていることが多く、一般的な法事も控えめに行うケースが少なくありません。現代では初七日は葬儀当日に共に済ませることが多くなり、納骨を行わない手元供養では亡くなってから49日目の四十九日も控えめで大丈夫な面があります。

ただ一周忌は故人が亡くなってから一年という大きな節目でもあり、手元供養であっても大切な行事はきちんと行っておきたい人は法要代行業者に依頼して親類縁者も招待して正式に行うか、僧侶に出張を依頼してお経をあげてもらって家族で静かに過ごすなど最適な方法を選んで行っておくことで、家族の気持ちも安らぐ一周忌の供養を実現させることができます。

まとめ

従来のようなお墓や樹木葬などを選ばずに故人の遺骨を手元で供養する方法を選んだことで一般的な手順での法要を行うのが難しい面がありますが、手元供養は自宅で日常的に故人の遺骨と向き合い毎日きちんと供養していることになるため、あまりしきたりにこだわり過ぎないほうが温かみのある供養を続けやすいとも考えられます。

一周忌など節目の行事は大切にしつつ、お盆やお彼岸は地域の風習に従って一般的な仏壇と同じ方法でお供えをするなど、家族の気持ち優先で行ってこそ故人のためにも良い供養になるはずです。それでも手元供養に対して不安や疑問に思う点が出て来た場合は、葬儀を依頼した業者に相談することで専門家の意見を聞いて参考にすることができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら