遺産相続の生前対策の有効な方法は?

相続税というと、これまでは大地主の方やよほど資産のある資産家の方が対策を行うというイメージが強いものでした。しかし、日本においては今後人口が減少し、税金の財源確保が難しくなるだろうと予測されることから相続税に関しても今後増税される可能性があります。

実際に平成27年度から相続税の増税が行われていますので、これまでは対象外であった所得や世帯の方も、今後対象となってくるかもしれません。自分たちには関係がないと思っていたのに、実は多額の税金の納付を請求されたということがないように事前に準備をしておくことが重要です。

自分の死後家族に迷惑がかかることは最も避けたいものです。生前対策に早すぎるということはありません。

相続について考えた時が生前対策の始め時

人間は元気な間は自分が死んでしまう時のことなど考えもよらないものです。その一方で、年を重ねる毎に両親が亡くなり、周りの同年代の友人が亡くなる機会が増え、自分自身も大病を患ったりすると残された時間のことを考えるものです。

自分がどれだけの資産をどこに、どのように持っているのか、まずは把握することから始めなければなりません。日本人の寿命の平均年齢は年々上がり続けており、女性も男性も80歳以上まで平均して生きるという試算が出ています。

しかし、あくまでも平均値ですので、中には100歳を超えてお元気な方もいますし、平均寿命よりも若い年齢で亡くなる方もいます。平均年齢に左右されずに相続について考えた時が生前贈与対策の始め時だと考えた方が良いでしょう。

どのような資産を持つのか

どれほどの資産を持っているのかによって出来る相続税対策も変わってきます。相続税は現金で資産を持っているのか、不動産で持っているのかなど、その保有する形態でも算出方法が変わります。資産家の方が現金で資産を持たずに、不動産で資産を持つ傾向が強いのは、相続税対策が一つの要因です。

現金と不動産では3割は評価額が変わってきます。不動産で持っている方が、税金の支払いの上では有利になります。マンションやアパートを持ったことがない方はイメージが先行して管理が大変で、大家としてやっていくことに自信がないと思うかもしれませんが、現在では不動産管理会社が大家業を代行してくれるサービスもありますので、上手に利用することで相続税対策を行うことが可能です。

寿命の平均年齢が上がるにつれて問題になる認知症

寿命の平均年齢が上がるにつれて、日本でも認知症を発症する方が増加傾向にあります。認知症を発症してしまい、病が進行してしまうと、自分で遺言を書くことが難しくなり、認知症以後の遺言は無効であると相続人同士で争いの種になってしまうこともあります。

寿命の平均年齢が上がることはもちろん喜ばしいことではあるのですが、自分の意志を明確に示せる間に資産の遺言については明確に残しておくようにしましょう。多くの遺産を残す可能性がある方は弁護士の方など第三者も交えて有効な遺言を前もって作成しておくようにしましょう。

また、相続税のお金を工面する方法として生命保険を利用する方法もありますので、保険に入れる間に対策を行うことも重要です。

まとめ

人はいつか亡くなります。普段はそのような時の話しを話題にすることは避けられるものです。特に家族など親しい間柄だからこそ、辛い話しは避けたくなるものです。

しかし、自分がいなくなった後に家族が相続税や遺産の問題でトラブルを抱えることは避けなければなりません。家族や親族など相続する可能性がある人が集まった席では一度自分の意志や死後の遺産について話しをしておくというのは賢い選択肢になります。

残された方の後の負担や不安を軽くすることも、生きている間にしか出来ないことです。自分の持つ資産をまずは明確にし、かかる相続にかかる税金の算出、また相続の方法などを面倒がらずにやっておくことが人生の節目には大切になります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら