葬儀に参列するならネイルは取るべき?葬儀でのネイル・マニキュアのマナー

葬儀に参列するならネイルは取るべき?葬儀でのネイル・マニキュアのマナー

葬儀は、あらゆる服飾やデザインにおいて、シンプルで控えめであることがマナーとして想定されています。しかし、人によってはネイルを施している場合もあります。

ネイルは、種類によっては数時間程度ほどの期間では、落とすのが非常に難しいものもあります。そのうえで、「葬儀でのネイルってどんな扱い?」「落とせって言われても無理なんだけど。どうしよう」と疑問に思うこともあるでしょう。この記事では葬儀においてネイルをどのように扱うのかなど、葬儀でのネイルマナーについて詳しく解説します。

一緒に読まれている記事

ネイルは葬儀では落とすことが前提

ネイルをつけたまま、葬儀に参列する方を見かけた方はほとんどいないでしょう。基本的には葬儀に参列する場合にはネイルを落とすことが基本だからです。

ネイルにはさまざまな種類があり、それぞれで落とし方が異なります。ここでは、葬儀でネイルを落とさなければいけない理由、ネイルの落とし方や葬儀におけるネイルマナーについて解説します。

何故、落とす必要があるのか

葬儀に参列する場合は、全身控えめにまとめるのが基本です。そのため、爪に関してもマニキュアやネイルをしていない状態にするべきとされています。

とくに派手な色のマニキュア、ラメや光沢が目立つものは控えるようにしましょう。マナーに違反するだけでなく、葬儀に参加している人を不快にさせてしまう可能性があります。また、ネイルはアクセサリーと同様の扱いを受けるので、葬儀には相応しくないとされています。

葬儀のスタイルがどんなものでも落とすのが一般的

葬儀のスタイルはさまざまあります。しかし、スタイルがどんなものでも基本的に、ネイルを落とすのが一般的であるため、葬儀に参列する場合はできる限りネイルを落としておきましょう。

とくに親族や両親や祖父母など近親者の葬儀の場合では、ネイルを落とす方が多いです。葬儀の場でネイルを落とすのに強制的なルールなどはありません。しかし、暗黙のルールではあるものの近親者の葬儀ではネイルは落としましょう。

ネイルの種類・正しい落とし方とは

ネイルと一口に言ってもさまざまな種類があり、それぞれの種類で落とし方が異なります。ネイルは種類によって、簡単に落とせるものもあれば、自分で落とすのに時間がかかるものもあります。

しかし、どの種類の場合でも、無理やり落とすのは爪を痛める原因にもなるので避けましょう。ここでは、それぞれの種類の落とし方を解説するので、ネイルを落とす際の参考にしてください。

ジェルネイル

ジェルネイルは、「ジェル」と呼ばれる液体を爪に塗った状態で、LEDライトやUVライトをあてて固めることで仕上げるネイルです。

ジェルネイルの特徴はライトで硬化した後はすぐに触っても傷にならず、家事を行っても問題ないほど、はがれにくく長持ちすることです。ジェルネイルは発色が良く見た目が派手になり、2~3週間はそのツヤと透明感が持続します。

ジェルネイルは除光液で落とせると考えている人は少なくありません。しかし、ジェルネイルは通常のネイルのように除光液では落とせません。

ジェルネイルを落とす場合は、以下の道具を準備しましょう。

  • ジェルリムーバー
  • ファイル(やすり)(目安100~150グリッド)
  • コットン(ネイルを覆える大きさのものを10枚)
  • アルミホイル(指先に巻きつけられる大きさのものを10枚)
  • ウッドスティック
  • キューティクルオイル

その後以下の手順でジェルネイルを落とします。

  1. ファイルでジェルネイルを削り、ジェルリムーバーを浸透しやすくする
  2. ジェルネイルを覆える大きさのコットンにジェルリムーバーを染み込ませる。事前にカットしていたアルミホイルの中央部分に、手の腹部分を下にした状態で1本置き、ネイルの上にコットンを置く。その後、コットンがネイルからズレないように、アルミホイルで包み込む。
  3. すべての指にコットンとアルミホイルを巻いた状態で、10分~15分程度置く。
  4. アルミホイルとコットンを外し、ウッドスティックで、少しずつ突いてジェルネイルを落とす。
  5. ジェルネイルを落とした後は、キューティクルオイルなどを使用して爪のケアを行う。

こうした手順を用いずに無理に剥がすと、爪の表面が剥がれ大きなダメージを受けるので注意が必要です。爪の表面が傷むと新たに爪が伸びてくるまでネイルはできません。

ポリッシュネイル

ポリッシュとは爪に色を塗布するカラー剤の総称です。つまりポリッシュネイルとはカラー剤を爪に塗布するネイルとなります。

ポリッシュネイルを落とす際に必要なものは以下の通りです。

  • 除光液
  • コットン
  • 食品用ラップ

この3つを使って、ポリッシュネイルを落とせます。

落としはじめる前に、コットンは爪の大きさにカットしておき、ラップは指を巻ける程度の大きさにカットしておきましょう。

以下の手順でポリッシュネイルを落とします。

  1. コットンに除光液をたっぷり浸み込ませたうえで、コットンを爪の上に一つひとつ乗せていく。
  2. コットンを乗せたら、準備していたラップを巻く。
  3. 爪全体に除光液がいき渡るように、ラップの上から押さえて、そのまま1~2分程度待つ。
  4. ラップごとコットンを爪の先端に向けて引き、その後拭き取る。
  5. 落としきれていない場合は、再度1~4の手順を繰り返す。
  6. ポリッシュネイルが落ちたら、丁寧に手を洗いハンドクリームやネイルオイルで保湿する。

ポリッシュネイルで爪を痛める原因となるのは、ポリッシュではなく、除光液だとされています。除光液がポリッシュとともに爪の油分や水分を取り去るため、除光液を使用してポリッシュネイルを行った後は、保湿ケアを行いましょう。

スカルプネイル

スカルプネイルは、自分の爪に人口で作った爪を密着させるネイルです。専用の溶剤で自分の爪に密着させて長さや形を作ります。

本来であれば、ネイルサロンで落としてもらった方が良いものです。しかし、自分で落とすこともできます。

スカルプネイルを落とす際には以下のものを準備します。

  • コットン
  • アセトンが含まれている除光液
  • アルミホイル
  • ウッドスティック
  • 爪やすり

スカルプネイルの落とし方は、以下の流れです。

  1. 爪やすりでスカルプネイルの表面を軽く削り、傷をつける。こうすることで、除光液の浸透が良くなる。
  2. コットンを半分~爪全体を覆える程度の大きさにカットし、コットン全体にたっぷりと除光液を浸み込ませる。
  3. 1本1本の指を噛める大きさにアルミホイルをカットし、カットしたアルミホイルの上に指を置く。
  4. 爪の上に除光液を浸み込ませたコットンを乗せて、コットンがズレないように指をアルミホイルでしっかりと包み、5分~15分程度待つ。時間が経った後はアルミホイルを外してスカルプが柔らかくなっているか確認する。
  5. 柔らかくなっていれば、ウッドスティックで優しく擦り落とす。
  6. 自分の爪に細かいスカルプが残るくらいまで擦り落とした後で、爪やすりを使用して表面を軽く整える。
  7. 自分の爪にキューティクルオイルを塗り指全体に馴染ませる。

スカルプネイルを落とす際に、取れないからと無理に引っ張ったり、強く擦りすぎると自分の爪を痛めます。指に力を入れにくくなるなど日常生活に支障が出るので注意しましょう。

ネイルチップ

ネイルチップは、透明の爪型の素材にジェルを塗るなどアートをしたつけ爪です。ネイル用の両面テープやネイルグルーなどで自分の爪に貼り付け、手軽に爪を長くしたり、形状を綺麗にできます。

ネイルチップは接着方法によって落とし方が異なります。今回はネイルグルーとネイル用両面テープで接着した場合の落とし方を解説します。

ネイルグルー接着時の落とし方

準備するものは以下の通りです。

  • グルーオフ(ネイルチップを外す時の専用液)
  • ウッドスティック
  • ハンドクリームやキューティクルオイル

以下の手順でネイルチップを落とします。

  1. グルーオフを自分の爪とネイルチップの間に浸み込ませた状態で、1~2分程度置く。
  2. ネイルグルーが溶けてネイルチップが浮いてくるので、ウッドスティックを隙間に入れて少しずつ上げて取る。一度で取れない場合は、1と2の手順を繰り返す。
  3. キューティクルオイルやハンドクリームで爪や肌を保湿する。

ネイル用両面テープ使用時の落とし方

準備するものは、お湯とウッドスティックなど爪とネイルチップの間に挟める細長いものです。

手順は以下の通りです。

  1. 指先をお湯に入れ、両面テープをふやかす。
  2. ネイルチップの先端に隙間ができたら、ウッドスティックを差し込んでゆっくりと剥がす。一度で外れない場合は1と2の手順を繰り返し行います。

ネイルチップを落とす際は、爪や肌を労わりながら丁寧に外すことを心がけましょう。

葬儀に参列する時のネイルマナーとは

葬儀に参列する場合、ネイルは落とすのが基本です。しかしネイルのデザインや色によっては問題ないものもあります。どういったネイルであれば、葬儀でマナー違反になりにくいのか解説します。

シンプルなもの

葬儀に参列する場合のネイルは、シンプルな装飾のないフレンチネイルがオススメです。フレンチネイルは上品で派手さがないため、色やデザインに問題がなければ、葬儀に参列しても大丈夫でしょう。

葬儀の際に、ストーンをふんだんに使用したネイルやラメ入りネイルなどは、装飾がついているため葬儀に相応しくありません。そうしたネイルのままで、葬儀に参列してしまうと悪目立ちしてしまうので避けるようにしましょう。

また、いくらシンプルなネイルをしていたとしても爪の長さがあまりにも長いものは、ある程度短く切り、長さを綺麗に揃えるようにすることをオススメします。

葬儀に参列する際に、マナー違反とならないのは一色だけを用いたネイルとなり、多色で派手なネイルはNGです。一色だけと言っても、赤や青、ピンクといった原色系の派手な色も葬儀に適していません。

また、現在女性に人気のあるべっ甲柄のネイルに関しては、殺生をイメージさせるため、葬儀の場では厳禁です。葬儀に適している色は、クリアネイルや薄いピンク、ベージュなどの目立たない色です。ネイルをした状態で葬儀に参列する場合は、葬儀の場でもマナー違反にならない色を選択しましょう。

急に葬儀へ参列しなければならなくなった場合の対処法

ネイルの中には、スカルプネイルやジェルネイルのように簡単に落とせないものもあります。急に葬儀に参列しなければならなくなった場合は、サロンに行ってネイルを落としたり、自分で落とす時間がないこともあるでしょう。そうしたネイルを落とせない場合の対処法について解説していきます。

上からマニキュアをする

急な葬儀でネイルを落とせない場合は、上からマニキュアを塗る方法があります。ジェルネイルなどとマニキュアの素材は混ざることがないため、上から目立たない色のマニキュアを塗ることで、ネイルを隠すことが可能です。

ただし、ベージュやピンクなど自然な色のマニキュアを上から塗っても、自然な仕上がりにはなりません。また、ツヤがあるマニキュアは礼服に映えてしまうため、できる限りツヤのないものを使用しましょう。

お葬式に参列した後で、除光液でマニキュアを落とせば再びジェルネイルを楽しめます。注意点としては、ネイルの色が濃い場合、薄めのマニキュアではうまくネイルを隠せないことがあります。そのような場合、透明度の低いマットな色を選択しましょう。

また、装飾や立体感のあるデコレーションなどは、上からマニキュアを塗っても隠せないので、別な方法を考える必要があります。

手袋をする

装飾や立体感のあるデコレーションなどが施されているネイルは、前述したように上からマニキュアを塗っても隠せません。そうした場合の対処法としては、手首までの長さの黒い手袋を付ける方法があります。

レースの黒い手袋などは葬儀用として市販されているので、葬儀時に着用したとしてもマナー違反とはなりません。また、手軽にネイルを隠せます。手袋をつけたままお焼香が可能な指先が開くタイプの手袋もあるため、季節に合わせて着用しやすいものを選択しましょう。

手袋を選ぶ際は光沢のあるものは避け、レースの手袋の場合は柄の目立ちにくいものを選びましょう。ただし、着用する喪服に合わないものもあるので、そうした手袋は選ばないように注意が必要です。

ただし、葬儀の場では食事など手袋を外さなければいけない場面もあるため、そうした場面ではどうするかを考えておきましょう。

一緒に読まれている記事

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。