ウサギの供養方法とは、ペット供養にお悩みの方へ

飼っていたウサギが亡くなった。そんなとき、どうすればいいか分かりますか?

ペットの供養の仕方も様々です。自宅で供養する、寺院や葬儀社で供養してもらうなどの選択肢があります。

ペットも家族の一員として過ごしていたわけですから、亡くなったときの飼い主も悲壮感にあふれているでしょう。そういった方には自宅で供養するというのはつらい人もいることでしょう。

大事なのはペットに感謝の気持ちを込めしっかり供養してあげるという気持ちです。感謝の気持ちを込め、飼い主の納得いく形で考えて決断してください。

ご自宅のウサギが亡くなったらまず何をする?

ご自宅で過ごしていたウサギが亡くなってしまった、そんなときはどうすればいいのか分からない人もいるでしょう。

病院で亡くなった場合、葬儀社を紹介してくれることがあります。そこで葬儀社と連絡をとり相談して供養の方法を決めることになります。ご自宅で亡くなられた場合は自分で葬儀社に連絡し供養の仕方を決めなければなりません。今ではペット葬儀をしているところも増え、調べればお近くの葬儀社などで供養してくれるところがあるかもしれません。

ご自宅での場合は遺体の保管も優先してやりましょう。特に夏場はそのままにしておくと腐敗が進んでしまうので、発砲スチロールなどの容器に保冷材や氷を入れ冷えたところで保管しましょう。氷を入れる場合はビニール袋やタオルに包むなどして遺体を傷つけないようにします。

ちゃんと保管したら葬儀社などに連絡をして段取りを決めましょう。葬儀社だけでなくお寺や神社でもやってくれるところはあります。

ウサギの供養方法

ウサギを供養する方法はいくつかあり、まず先に飼い主がどうしたいか決めてから段取りをしましょう。>どのような供養方法がいいのか分からないときは、葬儀社などに相談してみるのもいいかもしれません。

供養方法としては自宅で供養する場合とお寺や葬儀社で供養する場合があります。葬儀社で供養する場合はお葬式をあげ火葬し納骨することができます。火葬祭壇などを作り葬儀をあげるといった一通りの流れになったサービスを行っている会社もあるようです。

しかし火葬を行う場合、合同火葬になると遺骨が回収できません。遺骨ももらい自宅などで供養したい場合は個別火葬にしましょう。葬儀社やお寺に遺骨を回収したいことも伝え、しっかり相談してから火葬の方法も決めることが大事です。

ペットと共にお墓に入りたいという飼い主もいるかと思います。そうなると人間用のお墓に一緒に入ることになりますが、ペットと一緒に入れるものと入れないものがあり、そちらも葬儀社等との相談が必要になってきます。

ご自宅でウサギの供養をする

自宅で供養する場合、火葬後に納骨して自宅で供養するという方法があります。自宅に保管する、庭や山の自分が持っている土地に埋めるなどの方法があります。

ウサギの遺骨はそのまま家で保管しておいても法律上は問題ないので、生前よくいた場所や、好きだった場所においてあげるのがいいでしょう。お供え物も生前好きだったものをお供えしてあげましょう。お水は毎日あげたほうがいいとのことです。

自宅供養のいいところは骨壺の仕様を自分で決めらることです。ペット用のミニ祭壇や位牌、写真立てなどを飾るなどの方法で骨壺を装飾してあげましょう。

ペットとはいえ家族の一員です。自宅で供養するとそこを見るたびに悲しい気持ちになる人もいると聞いています。しかし装飾してあげることにより生前と同じようにお世話をして、食事をあげるようにお供え物をする、生活の一部に戻ってきたような感覚で供養してあげてほしいですね。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。