遠方で葬儀をしたいという要望から、遺体の空輸搬送に対応する業者も増えています。

葬儀を遠く地方、遠方のふるさとで行いたいご遺族のために空輸搬送があります。航空技術の発達に伴って、遠方で葬儀を行う場合も増えてきました。そういったの要望から、ご遺体の空輸搬送の対応を手掛ける業者も増えています。

しかし、気になるのは園費用。ご遺体の空輸搬送の売りようには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

遠方での葬儀に、空輸搬送という方法

ご遺体は航空便で運ぶことは出来ますが、航空法により人のご遺体といえども貨物扱いになります。

ただ通常の貨物と違い、航空便の予約を取ってから所定の用紙への記入が必要となります(下記参照)。また目的地到着時の引き取り葬儀社があらかじめ決まっていることが必須条件となります。

ご遺体を空輸する場合の所定用紙には、亡くなられた方の・氏名・性別・身長・体重、ご依頼者の氏名・連絡先・故人様との続柄、そして目的地の空港名とお迎えにあがる施設名(葬儀社名)などを記入します。また、持参しなければならない書類に死亡診断書があります。
また感染症の死亡の場合は載せて頂けません。

コンテナを丸ごと一基借り切って納棺した状態で貨物として運搬されますので、病院などから出たご遺体は安置所などできっちり棺に納めてあることが条件となります。

これら一連の流れを考えると、個人で遺体搬送するよりも葬儀専門業者に依頼した方がストレスなく事が運ぶでしょう。

ご遺体の空輸搬送での費用について

遺体の棺桶同等のMサイズで(縦40cm×横53cm×奥行183cm)重さ100kgで通常の貨物として運賃をネット検索調査すると、羽田発⇒札幌(新千歳)を全日空の場合で直近価格が41,054円となっていました。

先に述べた様にご遺体の搬送はコンテナ丸ごと一基借り切ってとなりますので、遺体の空輸搬送は通常貨物と比較してもより高くつきます。成田発も同様の価格です。

参考価格として、横浜市内から羽田空港利用で北海道旭川空港へのご遺体搬送は、ご自宅安置から空輸当日安置の計2日間を含め税込み222,089円となっています。陸路の場合は1~2日が目安とされているため500km~700kmぐらいとして遺体搬送車で横浜⇒大阪で163,750円となっております。

比較すると、運搬距離が700kmを超えると空輸搬送の方が費用が安くなるようですが、別途に到着空港からご自宅(葬儀場)までの費用がかかります。
参考:https://www.wakousougisya.com/transport.php

空輸搬送は陸路に比べて手続きがどうしても細かくなり、加えてコンテナ借り切るためその日の貨物の状況にも左右されがちになり、都合よく行かない場合があります。

費用を抑える点で考えるなら「骨葬」と言う方法もあります。骨葬とは、葬式の前に火葬を行い、祭壇にお骨を置いて行う形態の葬儀です。現在の居住地で手続きをとり、先に火葬してもらい、お骨を地方に持ち帰って葬儀を行います。

あまり聞き慣れた葬儀形態ではありませんが、地域によっては普通に行われているところもあります。骨壺は手荷物として飛行機に乗る事も出来ます。持ち込み手荷物扱いとなり料金も無料です(ただし航空券の種類にもよります)。

請け負う業者も増えているご遺体の空輸

国内便なら、全日空、日本航空ともに空輸による遺体搬送を実施しています。
(*注:一部航空機によりお受け出来ない場合もあります)

どうしても遠い故郷で葬儀を実施したい事は理解に難くありません。しかし個人でご遺体の空輸搬送をすると遺族にとって相当なストレスがかかることが予想できますので、葬儀専門の業者にご依頼、相談することが最良の方法です。料金は少し高くつくでしょうが信頼できる業者であればまず安心です。

葬儀業者に遺体搬送を依頼する場合、人が亡くなった後の慌しさの中で、十分に判断する時間も取れずに決めてしまう可能性があります。出来るだけ事前に料金・サービスなど調べておくことで、より安心して業者に委託できることでしょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。