遺産分割について

遺産分割について

 親族が亡くなり遺産の相続が必要となった場合、ご逝去された方がどういった財産をどれほど所持していたかを確認しましょう。また、借入金などの債務も相続の対象となるので確認を忘れないようにしましょう。また、遺留分といって相続人が最低限相続できる財産の割合が民法により定められています。

遺産相続に当てはまる財産

<不動産>土地、建物
<有価証券>株式、債券、投資信託
<その他>貸付金、家財道具、各種会員権、宝飾品など経済価値のあるもの

1.単純承認

 単純承認とは、相続人が被相続人の財産、債務のすべての権利義務について無制限、無条件に継承することです。相続する財産額が債務額より大きい場合などに進める一般的な相続の方法です。
以下2~3を検討される場合は、相続の開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。申述までの期間の延長は家庭裁判所に申し立てることができます。

2.限定承認

 限定承認とは、相続人全員で申し立てを行って財産と債務を引き継ぎ、亡くなった方が残した相続財産の範囲で債務の支払いを行うことです。相続人が自身の財産から債務を払う必要がありません。

3.相続放棄

 相続破棄とは相続人が全ての相続権を放棄し、代襲相続をしないことです。しかし、放棄した人が受取人となっている死亡保険金は「遺贈」として受け取りが可能です。

4.相続分の放棄

 相続分の放棄とは自分の相続分を放棄し、財産を取得しないことです。しかし、亡くなった方債務を負っており債権者からその支払いを請求されると、債務を負担しなければならない場合があります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら

事前の準備・プランのことなど
些細なことでもご相談ください。

フリーダイヤル 葬儀コンシェルお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。