各種相続財産の名義変更

1.不動産

  • 登記されている物件

相続した不動産が所在する管轄の法務局で所有権移転の登記を行います。

  • 登記されていない物件

登記されていない物件を相続した場合、市区町村に「未登記家屋所有者変更届」を提出する必要があります。固定資産税の納付書が未登記物件を相続した相続人に郵送されます。

2.預貯金

 各金融機関で、預貯金の名義変更手続きを行います。名義変更に際し、以下のような書類が必要となります。
  • 金融機関所定の届出用紙
  • 被相続人の出生から死亡までが記された戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 遺産分割協議書または遺言書
*各金融機関によって必要書類が異なります。事前に確認しましょう。

3.上場株式

証券会社の口座で管理されている上場株式は証券会社で、証券会社で特別口座で管理されている上場株式は株主名簿管理人である信託銀行等で名義変更手続きを行います。
名義変更に際し、以下のような書類が必要となります。


  • 証券会社、信託銀行等の所定の届出用紙
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 相続人全員分の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 遺産分割協議書または遺言書
*各証券会社や信託銀行によって必要な書類が異なります。事前に確認しましょう。
無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら

事前の準備・プランのことなど
些細なことでもご相談ください。

フリーダイヤル 葬儀コンシェルお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。