申告と納税

1. 準確定申告

 準確定申告とは、ご逝去された方が亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得税や消費税の申告を行うことです。

申告期限

 準確定申告は、相続の開始を知った翌日から4ヶ月以内に行う必要があります。また、故人さまが翌年の1月1日から確定申告期限までの間に確定申告書を提出せず亡くなった場合も、前年分と本年分ともに相続の開始を知った翌日から4ヶ月以内です。しかし、申告することで税金が還付される還付申告の期限は、相続開始を知った日の翌日から5年間です。

申告書の提出先

準確定申告書は、なくなった方の納税地の所轄税務署長に提出します。

申告書に添付する付表

 相続人が2人以上いる場合、原則として相続人全員の連署、もしくは各相続人が個別に準確定申告書を提出する必要があります。

所得税所得税及び復興特別所得税の確定申告書付表
消費税死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書

各種届出書

 亡くなった方が事業を営んでいた場合、以下の届出書を亡くなった方の納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。

所得税個人事業の改行・廃業等届出書
消費税個人事業者の死亡届所

2. 青色申告承認申請書

 各相続人が「青色申告承認申請書」を提出し、承認を受ける必要があります。

相続人が相続以前に事業を営んでいない場合

①亡くなった方が青色申告者の場合

相続開始日青色申告承認申請書の提出期限
1月1日から8月31日相続開始日から4ヶ月以内
9月1日から10月31日その年の12月31日まで
11月1日から12月31日翌年の2月15日まで

②亡くなった方が白色申告の場合

相続開始日青色申告承認申請書の提出期限
1月1日から1月15日その年の3月15日まで
1月16日以降相続開始日から2ヶ月以内

相続人が相続以前から事業を営んでいない場合(白色申告の場合)

相続開始日青色申告承認申請書の提出期限
1月1日から3月15日その年の3月15日まで
3月16日以降相続開始年分は青色申告者になれません。 翌年3月15日までに提出すれば翌年から青色申告者になります。
無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら

事前の準備・プランのことなど
些細なことでもご相談ください。

フリーダイヤル 葬儀コンシェルお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。