相続税の申告と納付

申告期限

 相続税の申告・納付は、相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内にする必要があります。
相続する財産の総額が3,000万円×600万円×法定相続人の数を下回る場合、相続税が課税されないため申告書の提出は不要です。
遺言書等が残されておらず、遺産が分割されていない場合は、法定相続分で申告・納付します。

申告書の提出先

 相続税の申告書は亡くなった方の所在地の所轄税務署長に提出します。

納付方法

 相続税は相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内に現金もしくは預金で一括納付する「金銭一時納付」をする必要があります。金銭一時金の納付ができない場合、一定の要件をみたすと延納や物納が認められますが、必要となるものが多いので事前に準備をしなければなりません。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。