相続税の非課税金額~生命保険の場合~

生命保険とは、万が一の場合に備えた保険でもあります。特に死亡保険金は、相続する人の生活を支える重要なお金ですので、一定の金額が非課税とされます。
死亡保険金の受取人が相続人の場合、500万円×法定相続人数分は非課税対象となります。

みなし相続財産の相続放棄

亡くなった方に直接帰属する財産を相続財産と言いますが、ご本人さまが死亡保険金や死亡退職金など、亡くなった後に発生する財産もあります。これらの相続可能な財産のことを「みなし相続財産」といいます。 それぞれについて詳しく見てみましょう。

  • 死亡保険金
  •  死亡保険金は、保険金受取人の「みなし相続財産」です。仮に保険金受取人が相続を放棄していても受け取ることができます。しかし、一度相続を放棄すると、生命保険金が非課税対象から外れる点に注意しましょう。また、相続を放棄した状態で保険金を受け取ると、相続税を課される場合があります。

  • 手術給付金、入院給付金
  •  手術給付や入院給付を被保険者が亡くなった後に相続人が受け取ると、それらの給付金も相続財産になります。給付金を一度受け取ると相続を認めたこととなり、相続を放棄することが難しくなります。

保険への契約状況の確認方法

被保険者の方がどういった保険に加入されていたのかを確認するには、いくつかの方法があります。

  • 保険証
  • 保険会社からの郵便物
  • 保険料の引き落とし記録

このほかにも、お勤め先で生命保険に加入されている場合は、お勤め先へ確認しましょう。
また、団体信用生命保険については、借入先の金融機関に確認しましょう。

生命保険信託を契約されている際は、受託先の信託銀行などにご確認ください。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。