直葬の流れは?お迎えから納骨まで

直葬の流れは?お迎えから納骨まで

直葬は、通常のご葬儀と異なり通夜と告別式を行わない形式のご葬儀です。火葬のみとなるので、費用負担や心身の負担を減らせるなどのメリットがあります。しかし、従来はなかった形式のご葬儀なので、気になるけれど執り行うにあたって問題はないのかと不安を感じている方もいると思います。

この記事では、下記の内容についてお伝えしていきます。

  • 直葬の流れ
  • 法要や納骨方法
  • 直葬とは
  • 直葬に関する疑問

直葬を含めてどのような形式でご葬儀を執り行うか悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

直葬の流れ

まずは、臨終から火葬までの、「直葬の流れ」について順を追って説明します。

お迎え~お打ち合わせ

故人が亡くなったあと、病院にお迎えに上がり、ご自宅もしくは斎場まで故人を運び安置します。また、法律で火葬において下記の決まりが定められています。

  • 死後24時間は火葬ができない
  • 火葬許可書がないと火葬をしてはいけない

死亡届の提出と火葬許可証の発行は、葬儀社で代行してもらえることが多いです。次にお打ち合わせに入ります。

お打ち合わせ

お打ち合わせでは、主に下記の内容を決めます。

  • 直葬(火葬)の日程
  • 葬儀で使用するものの種類

本来僧侶の予定や料理、返礼品の手配数などの確認を行います。ですが、直葬の場合は、僧侶を呼ばず、身内のみで式を行うことが多いです。そのため、通常の通夜・告別式を行う葬儀より、決める内容が少なくなっています。

納棺の儀式

納棺は、故人を棺に納める儀式です。本来通夜の前に行うことが多いですが、直葬の場合は出棺前もしくは前日に行います。

納棺では、故人の体をきれいに洗い、お顔を整えていきます。基本的に葬儀スタッフが行いますが、お手伝いできる場面もあるので、なるべく同席するのがおすすめです。

希望があれば、故人が生前着ていた衣類を着せたり、使っていた口紅でお化粧を施したりできます。副葬品として、お気に入りのものを棺に納めることも可能です。注意点として、火葬する際に有害物質を発生させてしまう素材のものは入れることができません。事前にスタッフに納めることができるか確認しておきましょう。

一緒に読まれている記事

出棺

納棺を終えたら、最後のお別れを行います。故人の周りにお花を納めることも多いです。出棺前のお別れの時間を終えると、棺のふたをしめてしまいます。そのため、直接触れられる最後の時間になります。

お別れの時間を終えたら、棺のふたをしめて、霊柩車に棺を運び出棺です。

火葬

出棺後、家族の方は自家用車やマイクロバスで火葬場へ移動します。火葬場の予約時間が来たら火葬をします。

終えるまでは1時間ほど時間が掛かるので、控室で待機。慣れないことだらけで、疲れていると思うので、この時間に体と心を少し休ませてください。

骨上げ

火葬が終わり次第、故人の骨を拾う「骨上げ」を行います。火葬場のスタッフの指示に従いながら、ゆっくり進めてください。

通常骨上げのあとに「精進落とし」という料理を頂きます。ですが、直葬では料理を頂かないことが多いので、骨上げが終わり次第、当日の直葬は終わりです。

直葬後の法要について

一般的な葬儀の場合、初七日法要と四十九日法要という2つの法要を行います。ですが、直葬の場合は、お寺との付き合いが無い場合、その後の法要を省略することも多いです。菩提寺がある場合は、法要をどのように進めるかを相談して決めましょう。

ここでは、一般的な法要として、初七日法要と四十九日法要についてお伝えします。

一緒に読まれている記事

初七日法要

臨終後6日目に行うのが、初七日法要です。故人が三途の川に辿り着き、極楽浄土へ行けるかの審判が始まる日と言われています。

以前は当日に法要を行っていましたが、最近では葬儀から1週間後の予定を合わせるのが難しいため、葬儀当日に行う場合が増えました。この場合通常より繰り上げて行うので、「繰り上げ初七日」と呼ばれています。

四十九日法要

四十九日法要とは、故人が極楽浄土へ行くかの審判が下る日です。良い審判が下りますようにと祈る法要にあたります。

本来は葬儀後ひとつの区切りになる日のため、僧侶に読経をあげてもらいます。お寺との付き合いがない方や、故人への気持ちはあるので十分という場合は、食事を行う方も。

また、納骨を行う日に明確な決まりはないですが、四十九日に納骨を行う方が多いです。

直葬後の納骨

直葬後の納骨について解説します。先ほどお伝えした通り、納骨を行う日に宗教上の明確な決まりはありません。

ですが、多くの方が下記の区切りとなる日に納骨を行うことが多いです。

  • 四十九日法要
  • 百箇日法要(臨終から100日後)
  • 一回忌(臨終から1年後)
  • 3回忌(臨終から2年後)

また、以前はお墓に納めるのが一般的でしたが、近年はさまざまな納骨の仕方が増えました。ここでは、3つの納骨の仕方について紹介します。

お墓に納骨する

誰もが思い浮かべる納骨方法が、お墓への納骨ではないでしょうか。一般的なお寺のお墓への納骨はもちろん、永代供養墓や納骨堂へ納骨するという方法もあります。

永代供養墓とは、お寺との関係ないけれど、永年的にお骨を納めさせてくれるお墓です。核家族化が進む日本の中では、人気があります。仮にお墓を管理してくれる身内がいなくなったとしても、施設の方が管理してくれるので安心です。

また、納骨堂はお骨を納める施設のこと指します。ビルなどの一角を使い、ロッカー形式の場所にお骨を納めるシステムを採用。お墓と異なり、他の人と同じスペースでお参りするデメリットがあります。ですが、都心など駅から近い場所にあることも多く、気軽にお参りに行きやすいこともあるので、人気の納骨方法のひとつです。

自宅供養

お墓に納めず、自宅にお骨を置いておくことを「自宅供養」と呼びます。「これからもそばにいたい」「近くで一緒に過ごしたい」などの思いに答えてくれる、供養のひとつです。自宅供養では、ご遺族の希望に添った形式で供養ができます。

たとえば、小さい骨壷にお骨を納める、お骨の一部を使ったアクセサリーを作るなどということもあります。オリジナルのペンダントやブレスレットなどの、アクセサリー制作を行っている業者も多くあるので、気になる方は一度ご覧になってみてください。

散骨

お骨を納めるのではなく、海や山などに骨を撒く「散骨」を希望する方も近年増えています。自然に帰ることができる、お墓を管理する必要がないなどのメリットから、希望される方が多いです。ただし、散骨するにあたっての注意点は2つあるので注意しましょう。

  • 勝手に撒くと違法になるので業者を通して行うこと
  • お墓など気持ちを寄せる場所がない

特に故人に気持ちを寄せる場所が無くなると、後悔に繋がりやすいです。そのため、お骨の半分を散骨して、半分は自宅供養にするという方もいます。

直葬とは?

直葬とは、通夜・告別式を行わず火葬のみを行う形式のご葬儀です。直葬が広がった理由には、下記のような理由があります。

  • 宗教などの形式に捉われずに葬儀を行いたい
  • 費用負担を抑えたい
  • 故人と直接的な繋がりがある人がいない

直葬のメリット

高齢化が進み、故人と繋がりがある人が減ったことや長時間に亘り葬儀に参列することが難しい人が時代の流れと共に増えました。実際に直葬は、複数のメリットがあります。

  • 僧侶を呼ばなくてもいい
  • 費用負担を抑えられる
  • 少人数で葬儀を行える

直葬は、現代の人の希望に寄り添った葬儀形式と言えます。

一緒に読まれている記事

直葬を行う前に考えておきたいお墓のこと

直葬を行う前には、お墓についても考えておきましょう。ご家庭によっては、注意をしないと火葬後に納骨ができなくなる場合もあります。お墓がある方とまだお墓がない人ごとのポイントをお伝えします。

 お墓がある場合

既にお墓がある場合でも、お寺との付き合いの有無によって考えるポイントが異なります。

まず、菩提寺とのお付き合いがある場合は、直葬を行ってもいいか必ず確認してください。直葬は本来行う儀式を省略するため、お寺によってしっかり儀式を行うようにと言う場合もあります。自分たちが直葬を希望するからと言って、許可を得ずに直葬を行うと、葬儀後に納骨してもらえないトラブルに発展する場合も。菩提寺がある場合は、必ず確認を行いましょう。

菩提寺ではなく、永代供養墓地や納骨堂などお寺との直接的な繋がりがない場合は、各施設に連絡を取って、納骨の日程を決めれば問題ありません。

一緒に読まれている記事

お墓がない場合

お墓がない場合は、火葬後の納骨方法を決めておきましょう。できれば生前にどのような納骨を希望するか、ご家族で話し合っておくと落ち着いて対応できます。主な納骨の方法は、先程も紹介しましたが下記の通りです。

  • 墓地を購入する
  • 納骨堂
  • 散骨
  • 手元で供養する

直葬に関する疑問

最後に直葬に関する疑問について、お答えしています。

法要は行うもの?

直葬の場合、初七日法要や四十九日法要などは行わない場合が多いです。主な理由は下記の通りです。

  • 経済的負担を減らしたい
  • 故人の直接的な身内がいない
  • 仕事が忙しく予定をつけるのが難しい

直葬は儀式を省略する葬儀のため、法要も省略する方が多くなると思います。ですが、本来法要は改めて故人に思いを寄せる区切りの日です。法要は行わなくても、しっかりと線香を上げる、家族で食事を取るなど、故人のことを思う時間は作ることをおすすめします。

喪中はがきを直葬の挨拶状と兼ねても平気?

故人が亡くなった時期によって異なります。挨拶状は故人が亡くなったことを伝えるための案内なので、通常臨終後1~2週間以内に送ります。

そのため、一般的に喪中を送る11月中旬~12月初旬と時期が重なる場合は、直葬の挨拶状と兼ねて大丈夫です。時期が重ならない場合は、喪中と挨拶状は分けて送りましょう。

直葬の場合も返礼品の用意は必要?

基本的に直葬の場合は、返礼品は用意しなくて問題ありません。また参列者がいない場合も同様です。

もし参列者から香典を頂いた場合は、後日お返しを送ることをおすすめします。香典返しは、頂いた金額の約半分の金額を返すことが多いです。このお返しのルールは「半返し」と呼ばれています。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。